Newsweek

小林恭子

ブレグジット後のイギリスから

慰安婦問題に迫る映画『主戦場』 英エセックス大学の上映会でデザキ監督が語ったことは

2019年11月22日(金)18時00分
    慰安婦問題に迫る映画『主戦場』 英エセックス大学の上映会でデザキ監督が語ったことは

    英南部エセックス大学で上映された『主戦場イベント』(筆者撮影)

    <前向きな反応も多い話題のドキュメンタリーが日本で上映中止になるのはなぜか。また、誰が映画を怖れているのか。『主戦場』監督との一問一答>

    第2次世界大戦時の慰安婦問題を主題にしたドキュメンタリー映画『主戦場』が、このところ、話題になっている。

    プロフィール

    プロフィール

    小林恭子

    在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
    Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

    • 3

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

    • 4

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 8

      「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

    • 9

      金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

    • 10

      日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 8

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 9

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 10

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由