Newsweek

楠田悦子

モビリティのこれから

「自動運転があらゆる移動課題を解決する」という期待への違和感

2021年04月14日(水)19時40分
    高速道路を走る自動運転車

    ホンダ「レジェンド」の自動運転は高速道路上で渋滞時に機能する(写真はイメージです) IGphotography-iStock

    <車両の高度化にばかり注目が集まる自動運転だが、レベル4や5を実用化、利活用するには他にも必要な準備がたくさんある>

    ホンダが自動運転レベル3の車両「LEGEND(レジェンド)」を2021年3月5日に発売開始した。世界に先駆けた取り組みで、日本のチャレンジ精神を示すことができたと称賛されている。

    プロフィール

    プロフィール

    楠田悦子

    モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

    本誌紹介

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    本誌 最新号

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

    2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

    人気ランキング

    • 1

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 2

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 3

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

    • 4

      死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

    • 5

      メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

    • 6

      アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

    • 7

      コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

    • 8

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 9

      ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

    • 10

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 1

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

    • 2

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 3

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 6

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 7

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

    • 8

      「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

    • 9

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 10

      ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

    • 4

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 5

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 6

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 7

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 8

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コザに漂う、記憶のかけら