Newsweek

李小牧(り・こまき)

元・中国人、現・日本人

新宿案内人が14年も続けたコラムを休載する理由

2018年12月20日(木)20時55分
    新宿案内人が14年も続けたコラムを休載する理由

    街角で会いましょう!(ゴミ拾いボランティアNPOグリーンバードの活動に参加する筆者) 写真提供:筆者

    <自分が「主演」するドキュメンタリー映画の上映に通い続けて、大きな発見があった。2015年の新宿区議選で私が立候補したときに投票してくれた人、東京で在日外国人と関わり合って暮らす人......。そんな人たちの生の声を聞く機会を得られたのだ。そして私は14年間続けてきたこのコラムをいったん休載する>

    こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

    プロフィール

    プロフィール

    李小牧(り・こまき)

    新宿案内人
    1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:5Gの世界

    本誌 最新号

    特集:5Gの世界

    超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

    2019年3月26日号  3/19発売

    人気ランキング

    • 1

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 2

      「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

    • 3

      アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

    • 4

      「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

    • 7

      すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

    • 8

      全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

    • 9

      いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

    • 4

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

    • 7

      日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

    • 10

      「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 3

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 4

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 5

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 6

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 9

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 10

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい