Newsweek

丸川知雄

中国経済事情

「さよならアジア」から「ようこそアジア」へ

2019年09月19日(木)11時05分
    「さよならアジア」から「ようこそアジア」へ

    日本経済が頼りにする訪日観光客も、大宗はアジアからの旅行者だ Pierre Aden-iStock

    <亡くなった長谷川慶太郎氏は生前、アジア経済の将来になど幻想を持つな、日本経済がアジアを圧倒する日が再び来ると主張してきたが、それは誤りだった。今こそ、アジアを見下す傾向、見下したい欲求を克服すべきだ>

    経済評論家の長谷川慶太郎氏が9月3日に亡くなった。

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 2

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 3

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 4

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 5

      白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

    • 6

      自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

    • 7

      麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

    • 8

      これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

    • 9

      自殺した人の脳に共通する特徴とは

    • 10

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 4

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 5

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 8

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 9

      サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

    • 10

      次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年