丸川知雄

中国経済事情

新疆の人権状況を改善するにはどうしたらよいのか?

2021年04月20日(火)19時20分

    新疆綿の追放を主張する人達はウイグル族の人権状況についてまじめに調べて考えているとは思えない。その典型例として、『ハフポスト』の中村かさね記者が書いた「ユニクロ・柳井氏がウイグル発言で失うものは何か」(中村、2021)という記事を取り上げる。

    この記事は、ユニクロの柳井正会長兼社長が記者会見の場で新疆の綿花を使用しているのかと問われたのに対して「ノーコメント」と答えたことを批判し、そのように答えることは中国での目先の利益のために強制労働を追認するものだと指弾する。この記事は、新疆で強制労働が行われていることは国際的な定説となっているとして、その典拠としてオーストラリア戦略政策研究所(ASPI)のレポート「売られるウイグル族」(Xu, 2020)を挙げる。

    ところが、引用されているASPIのレポートには新疆の綿花農業における強制労働のことなど一言も書かれていないのである。そもそもこれは「新疆における強制労働」の話でさえない。このレポートは、ナイキの運動靴の受託生産を行っている青島の韓国系の靴工場や安徽省、江西省の工場の事例を挙げ、これらに新疆から多数のウイグル族の女性たちが来て働いていることを中国側の報道に基づいて示し、それが強制労働であると主張している。

    新疆綿への言及なし

    つまり、ASPIのレポートはウイグル族の人々が中国の他の地域に送られてそこで労働を強制されていると主張しているのである。新疆綿の使用が問題だと主張する論拠としてこのレポートを挙げるのは筋違いである。

    ユニクロを批判する記事のなかでASPIのレポートが唐突に出てきたのは、おそらくその中でユニクロの名前が出てくるからであろう。レポートの末尾にウイグル族の労働者を受け入れている企業のリストがあり、そのうち青島のアパレル工場と寧波の繊維メーカーの取引先のなかにユニクロの名前がある。繰り返して言うが綿花の話ではない。

    だが、この2社については、ユニクロ(ファーストリテイリング)はすでに昨年8月の段階でこれらとの取引がないことを確認して発表している。つまりユニクロはASPIのレポートで提起された疑念にすでに回答しており、このレポートはもはやユニクロ批判の材料にはならないのである。

    さて、ASPIが主張する、ウイグル族が内地の工場に送られて強制労働させられているという説についてであるが、この話は綿花畑での出稼ぎの話と似ている。中国の内陸部の農村では貧困から脱却するために農民たちが沿海部の工場やサービス産業に出稼ぎすることが多いが、新疆のウイグル族の人々は生活習慣や宗教や言語の違いのため、沿海部の工場に出稼ぎに行くことは少なかった。そこで、沿海部の地方政府と新疆の県などが連携し、数十人のグループで沿海部の工場での出稼ぎに送り出すということがかなり以前から行われてきた。

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    本誌紹介

    特集:モデルナの秘密

    本誌 最新号

    特集:モデルナの秘密

    コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

    2021年8月 3日号  7/27発売

    人気ランキング

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

    • 3

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

    • 4

      福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

    • 5

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

    • 6

      パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

    • 7

      「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

    • 8

      今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

    • 9

      女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

    • 10

      コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

    • 4

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 5

      チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

    • 6

      競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

    • 7

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 8

      東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

    • 9

      東京五輪は始まる前から失敗していた

    • 10

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

    • 5

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 6

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 7

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 8

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 9

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 10

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会