Newsweek

松岡保昌

人間心理の組織論・キャリア論

企業不祥事がなくならない理由は「ダブルバインド・コミュニケーション」

2018年10月05日(金)10時30分
    企業不祥事がなくならない理由は「ダブルバインド・コミュニケーション」

    昨年11月、国交省に報告書を提出した日産の西川廣人社長 Toru Hanai-REUTERS

    <忖度さえ生んでしまう「double bind」のコミュニケーションが、相次ぐ不祥事の背景にある。不祥事を防ぐには、人事制度の変革が必要だ>

    プロフィール

    プロフィール

    松岡保昌

    株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
    人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:間違いだらけのAI論

    本誌 最新号

    特集:間違いだらけのAI論

    AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

    2018年12月18日号  12/11発売

    人気ランキング

    • 1

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 2

      【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

    • 3

      宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

    • 4

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 5

      華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

    • 6

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 7

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 8

      ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

    • 9

      JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

    • 10

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 6

      韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 10

      8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 6

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 7

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 8

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい