Newsweek

松岡保昌

人間心理の組織論・キャリア論

【保存版】平成30年間の新卒採用:人気企業、求人倍率、新入社員タイプ...

2019年04月24日(水)19時00分
    【保存版】平成30年間の新卒採用:人気企業、求人倍率、新入社員タイプ...

    Newsweek Japan

    <1年ごとにまとめた表で、30年間の変遷をたどる。そこから浮かび上がったのは、令和の時代に求められる人と企業の新しい関係だ>

    4月1日、新元号が「令和」に決まった。同じ日に、多くの会社で新入社員の入社式が行われた。「平成」最後の入社式であり、令和元年にビジネスの世界に飛び込む若者たちだ。

    4月9日には、早くも令和2(2020)年入社予定の大学生人気企業ランキングが発表された。人材会社マイナビと日本経済新聞社が共同で行った調査によると、文系では1位:JTBグループ、2位:全日本空輸(ANA)、3位:東京海上日動火災保険。理系では1位:ソニー、2位:味の素、3位:明治グループ(明治・Meiji Seikaファルファ)だった。

    そこで、「平成」の30年間の大卒新卒採用を振り返ってみたい。

    目的は、2つ。

    ひとつは、令和元年の新入社員に限らず若手も中堅も、それぞれ自分が持つ価値観の背景や、身近な先輩後輩の価値観を知ってもらうため。ビジネスパーソンの価値観には、就職活動経験が必ずどこかに影響している。社会に出る時の原体験の記憶は、やはり強烈なのだ。

    そしてもうひとつの目的は、これから始まる令和の時代を考えるためのヒントとして。平成30年間の変化から、令和時代の「人と企業の関係」を読み解いていく。

    30年分を一気に振り返るので多少長くなるが、1年ごとに表にまとめたので参考にしてもらいたい。

    平成の大卒新卒採用を振り返るために、大卒の求人倍率(リクルートワークス研究所調べ)、人気企業ランキング1~3位(人材会社マイナビ調べ)、新入社員のタイプ(現代コミュニケーション・センター、2003年以降は社会経済生産性本部公表)、就職活動のルールの主な変更、そして参考までに、完全失業率(総務省統計局)と、その年の主な出来事も記載した。

    2011年からはマイナビが新入社員の意識調査を行っており、「仕事優先の生活を送りたい(「どちらかといえば」を含む)」、「プライベート優先の生活を送りたい(「どちらかといえば」を含む)」」の意向率も分かるので、それも含めた。

    ここで断っておくが、新入社員のタイプは〇〇型という命名と同時に、長文の解説も公表される。今回は、短文で特徴が分かるように筆者が大胆に抜粋要約しているのでご了承願いたい。

    [注記]
    ・新卒の求人倍率は卒業年度に合わせた。新卒の場合、採用活動から入社までの期間が長いので、完全失業率と比べる場合には前年の数値も参考に。
    ・人気企業ランキングも公表された年ではなく、入社年度に合わせた。社名は、ANA(全日本空輸)やNEC(日本電気)、NTT(日本電信電話)など、呼称が一般化しているものは、呼称のみを表記。JTBやJALのように途中で社名変更したようなケースも、呼称が認知されているものは、当時の正式社名にかかわらず呼称で表記した。
    ・新入社員のタイプは公表されたのは2017年まで。

    平成元~2年:超売り手市場の時代

    株価の年末終値が日経平均3万8,915円をつけた平成元年。大卒求人倍率は2.68倍と、現在の1.88倍とは比べものにならないぐらい高かった。

    今でも売り手市場と言われているのだから、当時の採用の困難さが分かるはずだ。学生が他社を訪問できなくするために、旅行に連れ出す、高級ホテルに缶詰めにするということが普通に行われていた。

    企業も学生も、当たり前のように「就社」を考えていた時代だ。この時代の人気企業には、文系では総合商社や金融が並び、理系ではNEC、ソニー、富士通が上位を独占する年が続く。

    matsuoka190424-ch1.pngmatsuoka190424-ch2.png

    プロフィール

    プロフィール

    松岡保昌

    株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
    人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:残念なリベラルの処方箋

    本誌 最新号

    特集:残念なリベラルの処方箋

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    2019年7月 2日号  6/25発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 4

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 7

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 8

      うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

    • 9

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 6

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 7

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 8

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 9

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 10

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 8

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 9

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実