Newsweek

森達也

私的邦画論

26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシカ』に見た映画の真骨頂

2021年03月04日(木)16時00分

    ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

    <観終わってしばらくは席から立てなかった──「火の七日間」はどんな戦争だったのか。腐海や王蟲、巨神兵は何のメタファーか。安易な答えは呈示されない。だから想像する。思考する>

    そのとき僕は26歳。交際していた彼女と映画を観ることにした。でも、この時期の僕は定収入がない。つまりフリーター(当時はそんな言葉はなかったけれど)。彼女も同じようなもの。極貧だからロードショーはほぼ観ない。当然のように名画座だ。

    何を観るかは決めていた。『スプラッシュ』だ。泳げない青年アレンと人魚のラブロマンス。監督はハリウッドの職人ロン・ハワードだ。人魚を演じるのはダリル・ハンナで、アレンはトム・ハンクス。ただしこの時期、ハワードもハンクスもまだ無名に近かったはずだ。なぜ観ようと思ったのか。スマートフォンはもちろんネットもないこの時代、映画や演劇の情報は毎月買っていた情報誌「ぴあ」か「シティロード」で仕入れていたから、映画評を読んで決めたのだろう。ちなみに2018年に日本公開されたギレルモ・デル・トロの『シェイプ・オブ・ウォーター』は、明らかに『スプラッシュ』へのオマージュだ。

    この時期の名画座の相場は500円か600円で2本立てか3本立て。目当ての『スプラッシュ』の併映は日本のアニメ作品だった。映画館でアニメ? 子供時代に観ていた「東映まんがまつり」以来だ。つまらなければ途中で出よう。僕はそう考えていたし、彼女も同じだったと思う。

    先に観た『スプラッシュ』はまあまあだった。それなりに楽しめた。逆に言えばその程度。10分ほどの休憩を挟んでアニメが始まった。

    終わったとき、僕も彼女もしばらくは席から立てなかった。すごい作品を観た。その思いは彼女も同じだったようだ。映画館を出た後に何をしたかは覚えていないが、2人とも言葉が少なかったことは確かだ。

    僕にとって『風の谷のナウシカ』は初ジブリだ(厳密に言えばスタジオジブリの設立は本作公開後)。「火の七日間」と呼ばれる最終戦争はどのような戦争だったのか。他国への侵略を繰り返す軍事大国トルメキアは何を風刺しているのか。腐海や王蟲(オーム)、巨神兵は何のメタファーなのか。そうしたインセンティブの量が半端じゃない。観ながら考える。悩む。安易な答えは呈示されない。だから想像する。思考する。その状態は観終えても続く。まさしく映画だ。

    プロフィール

    プロフィール

    森達也

    映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:新章の日米同盟

    本誌 最新号

    特集:新章の日米同盟

    台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

    2021年5月18日号  5/11発売

    人気ランキング

    • 1

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

    • 4

      東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

    • 5

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 6

      日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

    • 7

      日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

    • 8

      台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

    • 9

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 10

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 1

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 4

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 5

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

    • 6

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 7

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 8

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 9

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 10

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 5

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 6

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 7

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 8

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像