Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

南北「五輪外交」に期待できない理由―米中「ピンポン外交」との対比から

2018年02月09日(金)17時45分
    南北「五輪外交」に期待できない理由―米中「ピンポン外交」との対比から

    韓国入りし、化粧室の鏡で身だしなみをチェックする北朝鮮チームの応援団「芸術団」(2018年2月7日)Yonhap/REUTERS

    平昌(ピョンチャン)で2月9日から開催される冬季五輪を前に、韓国政府は北朝鮮選手団の受け入れや開会式での合同入場行進、女子アイスホッケーでの合同チーム発足など、融和ムード演出に余念がありません。

    平昌五輪をきっかけに朝鮮半島をとりまく緊張が多少なりとも和らぐことがあれば、どの国にとっても利益になるといえます。ただし、それでも北朝鮮情勢が大きく転換するかは疑問です

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。他に論文多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:交渉の達人 金正恩

    本誌 最新号

    特集:交渉の達人 金正恩

    未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

    2018年5月29日号  5/22発売

    人気ランキング

    • 1

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 2

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

    • 3

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

    • 4

      「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

    • 5

      米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

    • 6

      金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

    • 7

      トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

    • 8

      史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

    • 9

      米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

    • 10

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 3

      結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

    • 4

      韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

    • 7

      「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

    • 8

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 9

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 10

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 4

      左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

    • 9

      14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

    • 10

      「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい