Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

南北「五輪外交」に期待できない理由―米中「ピンポン外交」との対比から

2018年02月09日(金)17時45分
    南北「五輪外交」に期待できない理由―米中「ピンポン外交」との対比から

    韓国入りし、化粧室の鏡で身だしなみをチェックする北朝鮮チームの応援団「芸術団」(2018年2月7日)Yonhap/REUTERS

    平昌(ピョンチャン)で2月9日から開催される冬季五輪を前に、韓国政府は北朝鮮選手団の受け入れや開会式での合同入場行進、女子アイスホッケーでの合同チーム発足など、融和ムード演出に余念がありません。

    平昌五輪をきっかけに朝鮮半島をとりまく緊張が多少なりとも和らぐことがあれば、どの国にとっても利益になるといえます。ただし、それでも北朝鮮情勢が大きく転換するかは疑問です

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。他に論文多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 4

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 5

      「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

    • 6

      ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

    • 7

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 8

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 3

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 4

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 5

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 6

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 7

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 8

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 9

      ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

    • 10

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 3

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 6

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 7

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 10

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい