Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

「非常事態宣言」はトランプ独裁への第一歩?

2019年02月15日(金)13時15分
    「非常事態宣言」はトランプ独裁への第一歩?

    非常事態宣言の発動でトランプが法令や議会のチェックも受けなくなったらどうなるのか  Leah Millis-REUTERS

    <トランプ米大統領は、メキシコ国境の壁建設の費用を賄うために「非常事態宣言」を出す構えだ。第二次大戦下の日系人収容所からフィリピン・マルコス独裁までさんざん世界で悪用されてきた「非常事態」を使ってトランプは何をするつもりか>

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

      • 1

        ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

      • 2

        文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

      • 3

        GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

      • 4

        香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

      • 5

        アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

      • 6

        200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

      • 7

        中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

      • 8

        ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

      • 9

        北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

      • 10

        母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

      • 1

        韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

      • 2

        マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

      • 3

        「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

      • 4

        意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

      • 5

        インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

      • 6

        「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

      • 7

        中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

      • 8

        ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

      • 9

        ラグビー場に旭日旗はいらない

      • 10

        性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年