Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

謎多きスリランカ同時多発テロ──疑問だらけの事件を振り返る

2019年04月23日(火)18時00分
    謎多きスリランカ同時多発テロ──疑問だらけの事件を振り返る

    コロンボの教会での爆弾テロで親戚をなくした女性(2019年4月21日) Dinuka Liyanawatte-REUTERS

    <犯行が国内のイスラム教過激派のものとするなら、なぜスリランカで多数派の仏教徒を狙わなかったのか。辻褄が合わないのはこれだけではない>


    ・スリランカで発生した同時多発テロ事件に関して、当局はイスラーム過激派の犯行という見方を強めている

    ・しかし、そこには数多くの疑問が残り、事件には不自然な点が目立つ

    ・政府の対応にも不透明な点が目立つため、この観点からも事件の究明が求められる

    スリランカで発生した爆弾テロ事件は、いくつかの謎を抱えている。これまでに分かっていることからは、このテロ事件の奇妙さが浮き彫りになる。

    誰が、なぜ

    4月21日、インド洋に浮かぶスリランカの最大の都市コロンボなどで、キリスト教会や高級ホテルなど6カ所を狙ったテロ事件が発生し、現地在住の日本人高橋香氏を含め200人以上の死者を出す惨事となった。

    この事件の最大の謎は、誰が、なぜ、この犯行に及んだかということだ。

    スリランカ当局は国内のイスラーム過激派による自爆テロとみて捜査している。

    イースターの期間中のキリスト教会や、外国人が数多く滞在する高級ホテルが標的になった点、さらに自爆テロとみられる点など、イスラーム過激派の関与をうかがわせる条件は揃っている。さらに、22日の記者会見でウィクラマシンハ首相は、イスラーム過激派National Thoweeth Jama'athが爆弾テロを計画している情報を警察庁が今月9日に把握していたことを明らかにしている。

    これに関連して、イスラエルメディアなどは、現地の著名な説教師ザフラン・ハーシム師がキリスト教徒や仏教徒への憎悪を煽り、自爆したと報じている。

    イスラーム過激派の関与?

    しかし、これらにはいくつかの疑問符がつく。

    まず、これまでスリランカでは、人口の約70パーセントを占める仏教徒が、人口の約9パーセントと少数派ムスリムを迫害する状態が常態化しており、その混乱から昨年3月には非常事態が宣言されるに至った。しかし、これまでキリスト教徒はこの対立と基本的に無関係だった。

    念のために付言すれば、全国キリスト教福音主義協会によると、スリランカではキリスト教会やキリスト教徒(人口の約6パーセント)への襲撃やヘイトが増えており、2018年だけで86件が報告されている。ただし、その加害者の多くは仏教徒とみられている。

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 2

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 3

      新EU離脱協定案はイギリス経済に「相当厳しい」内容だった

    • 4

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 5

      「歩くのが遅いと老化がすすむ」その兆候は40代半ば…

    • 6

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 7

      光がねじまげられる......ブラックホールをビジュア…

    • 8

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 9

      W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは…

    • 10

      がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米…

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 7

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 8

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 9

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 10

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 7

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 8

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調