Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラーとの対比から

2019年05月25日(土)17時00分
    なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラーとの対比から

    米大統領専用機エアフォースワンで日本に来る途中、アラスカのエルメンドルフ空軍基地に寄ったトランプ(2019年5月24日) Jonathan Ernst-REUTERS

    <令和初の国賓として今日、日本を訪れるトランプ米大統領。世界の精神学者が深い関心をもつその特異な気質とは>

    トランプ大統領の一つの特徴として、公の場で事実に反することや事実の誇張を平然と言ってのけることがある。その回数は就任以来1万回を上回っているが、トランプ氏はなぜそれができるのだろうか。

    就任から1万回以上の「ウソ」

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:弾圧中国の限界

    本誌 最新号

    特集:弾圧中国の限界

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    2019年6月25日号  6/18発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

    • 3

      ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

    • 4

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 5

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 6

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 7

      ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

    • 8

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 9

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 10

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 3

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 4

      嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 8

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 9

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 10

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 8

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実