Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

香港に迫る習近平の軍隊、人民武装警察とは何者なのか

2019年08月16日(金)13時08分
    香港に迫る習近平の軍隊、人民武装警察とは何者なのか

    人民武装警察(2017年11月24日、南京) REUTERS

    <中国軍といえば人民解放軍だが、人民武装警察は共産党体制を脅かす少数民族や不満分子を武力鎮圧してきた「共産党の番人」。果たしてその実力は>

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

      • 4

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 5

        陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

      • 6

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 7

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 8

        『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

      • 9

        【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

      • 10

        地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

      • 4

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 5

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 6

        ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 9

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      • 10

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る