Newsweek

シリーズ日本再発見

「デジタルファースト」で岐路に立つ日本の「はんこ文化」

2019年02月01日(金)17時10分
内村コースケ(フォトジャーナリスト)
    「デジタルファースト」で岐路に立つ日本の「はんこ文化」

    撮影:内村コースケ

    <今、日本の「はんこ文化」が岐路に立たされようとしている。1月28日に開会した今年の通常国会で審議される見込みの「デジタルファースト法案」では、押印を含む本人確認手段の電子化が盛り込まれる。電子署名などが普及すれば、これまで日本のビジネスや生活のあらゆるシーンで行われてきた「はんこを押す」というやり取りが、日常の風景から薄れていくかもしれない。日本の"ガラパゴス文化"が、また一つ消えるのか、それとも――>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファクトチェック文在寅

    本誌 最新号

    特集:ファクトチェック文在寅

    歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

    2019年7月30日号  7/23発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

    • 7

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…