Newsweek

野口旭

ケイザイを読み解く

財政負担問題はなぜ誤解され続けるのか

2018年12月10日(月)16時10分
    財政負担問題はなぜ誤解され続けるのか

    Hiromi Kudo-iStock

    <増税論にとっての最後に残された切り札のような役割を果たしてきた、政府債務の将来世代負担論。「政府債務はどこまで将来世代の負担なのか」。改めて以前とは異なったアプローチで説明を試みてみる>

    プロフィール

    プロフィール

    野口旭

    1958年生まれ。東京大学経済学部卒業。
    同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。専修大学助教授等を経て、1997年から専修大学経済学部教授。専門は国際経済、マクロ経済、経済政策。『エコノミストたちの歪んだ水晶玉』(東洋経済新報社)、『グローバル経済を学ぶ』(ちくま新書)、『経済政策形成の研究』(編著、ナカニシヤ出版)、『世界は危機を克服する―ケインズ主義2.0』(東洋経済新報社)、『アベノミクスが変えた日本経済』 (ちくま新書)、など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の出口

    本誌 最新号

    特集:香港の出口

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    2019年8月27日号  8/20発売

    人気ランキング

    • 1

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

    • 5

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 8

      ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

    • 9

      韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    • 6

      韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

    • 7

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

    • 10

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 10

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる