Newsweek

小幡 績

転機の日本経済

官製ファンドはすべて解散せよ

2018年12月06日(木)13時30分
    官製ファンドはすべて解散せよ

    事態の収拾を迫られる世耕弘成経産相 Kim Kyung-Hoon-REUTERS

    <9月に発足したばかりの官民ファンド、産業革新投資機構と経済産業省が対立している。経産省側が機構の経営陣にいったん提示した高額報酬を、高過ぎると引っ込めたからだ>

    産業革新投資機構(JIC)の問題が報道されているが、報道されている限りでは、明らかに政府、経済産業省の行動があり得ないもので、これでは機構側は対立せざるを得ない。

    プロフィール

    プロフィール

    小幡 績

    1967年千葉県生まれ。
    1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 5

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 6

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 7

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

    • 10

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 7

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

    • 8

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 7

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由