Newsweek

小幡 績

転機の日本経済

バブルは弾けた

2021年02月26日(金)21時30分

    今度の下げは一時的ではすまない可能性が高い(2月26日、東京) Kim Kyung-Hoon-REUTERS

    <米国の長期金利が急上昇したのを合図に、アメリカでも日本でも株価が暴落した。とくに何のサプライズもない、期待通りで理論通りという珍しいケース。だからこそ、本物だ>

    2月26日、日経平均株価は1200円以上の暴落となった。

    何も驚くことはなく、バブルが弾けただけである。

    この暴落が継続して、まっさかさまなのか、乱高下をしながら下がっていくのか、または、一度盛り返してから、さらに激しい乱高下を伴い下がっていくのか、いずれにせよ、バブルは弾けたか、弾けつつある。

    バブルが弾けたのは当たり前のことで、バブルは弾けるからバブルなのである。しかし、これはバブルは弾けて初めてわかる、という世間の常識とはまったく違う。むしろ正反対だ。投資家たちは、全員、バブルの最中にバブルであることを知っている。

    それどころか、バブルであるから殺到して投資してきたのであり、バブルにおいてはいつもそうだ。バブルには早く乗れば乗るほど儲かり、弾ける直前まで乗り続けるのが儲けを最大化するが、弾ける直前に降りるのは現実的ではないにもかかわらず、みなはらはらしながら、いつ弾けるか見極めようとしているのであり、それはバブルであることを200%理解しているのだ。

    経済は順調に回復していた

    さて、今回のバブル崩壊の問題は、きっかけがどこにもなかったようにも感じられる、ということだ。コロナショックどころか、コロナの収束の見通しが立ち、ワクチンも広まり、一部にはコロナ対策が順調でないと文句をいう人々やメディアもいるが、それは日本特有の贅沢、あるいはわがままで、世界中で妥協しながら進められている。

    ワクチン摂取のプロセスで右往左往しているとメディアは騒ぐが、一方の経済は順調に回復しており、世界的に回復は予想を上回るペースで進んでいる。中国が最速で回復したが、米国も、失業者の増加数が急減しており、経済の回復に目処が立った。

    世界1,2の経済大国が回復すれば、世界経済の見通しは明るい。

    この結果、米国の国債金利が急上昇した。

    これが株価暴落のきっかけであると同時に、理由である。

    このあまりに普通でまっとうな理由でバブルが弾け始めたことが、今回のバブル崩壊を珍しいものにしている。

    普通は、もっと後々まで語り継がれるような、何らかの事件が起きて、バブル崩壊、となるのである。そして、それは本来であれば、全面的なバブル崩壊をもたらすようなものではなく、ショッキングで象徴的だが、象徴に過ぎない事件によることが多い。

    プロフィール

    プロフィール

    小幡 績

    1967年千葉県生まれ。
    1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。新著に『アフターバブル: 近代資本主義は延命できるか』。他に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

    本誌紹介

    特集:新章の日米同盟

    本誌 最新号

    特集:新章の日米同盟

    台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

    2021年5月18日号  5/11発売

    人気ランキング

    • 1

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

    • 4

      東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

    • 5

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 6

      日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

    • 7

      日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

    • 8

      台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

    • 9

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 10

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 1

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 4

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 5

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

    • 6

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 7

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 8

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 9

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 10

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 5

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 6

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 7

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 8

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像