Newsweek

大谷和利

魅惑するプロダクツ

カードを保護し、ワンタッチで取り出せる新時代の財布システム

2016年10月25日(火)16時20分
    カードを保護し、ワンタッチで取り出せる新時代の財布システム

    <カード類をスリムに収納しワンタッチで取り出せるキャッシュレス時代の財布。レバーを引くとカードが取り出しやすいようにスライドして階段状になって出てくる使い易さで、カードの収納に最適だ>

    プロフィール

    プロフィール

    大谷和利

    テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 2

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 3

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 6

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 7

      韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

    • 8

      雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

    • 9

      債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

    • 10

      女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

    • 1

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 2

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 3

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

    • 4

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 5

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 6

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 7

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 8

      文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

    • 9

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?