Newsweek

大谷和利

魅惑するプロダクツ

iPhoneと直結して全天球撮影やライブストリーミング可能なVRカメラ Giroptic IO

2017年08月04日(金)16時00分
    iPhoneと直結して全天球撮影やライブストリーミング可能なVRカメラ Giroptic IO

    <iPhoneのLightning端子に直挿しして利用するVRカメラの最新製品。これだけでモバイルVR放送局として完結し、その可能性には計り知れない>

    このコラムでは、以前に360度のVR(バーチャルリアリティ)撮影が可能な全天球カメラの話題を採り上げたことがあったが、その後、アクションカメラの大手GoProも参入を表明(Fusionの製品名で今年後半にリリース予定)するなど、この分野はさらに盛り上がりつつある。

    汎用性を考えると、カメラは独立した製品として単体で機能できるほうが有利だが、その場合には、撮影データの表示や利用のために必ず無線か有線でスマートフォンやコンピュータと接続する必要が生じる。そのため、もっと手軽に、スマートフォンそのものでVR撮影を行なっているかのような感覚で使える製品も登場してきた。

    スタンバイまでの時間がほとんどかからない

    そこで、今回は、iPhone(SEを含む5s以降)またはiPad(mini2以降、Air、Air 2、Pro)のLightning端子に直挿しして利用するタイプのVRカメラでは最新製品にあたる、Giroptic IO(2万9800円)を採り上げてみたい。

    この製品は、75 x 35 x 17ミリ(レンズの最厚部は約27ミリ)で重量70グラムというコンパクトさながら、4K(3840×1920ドット)の静止画と2K(1920×960ドット/30fps)の動画を撮影することができる。

    接続にLightning端子を使う関係で、デバイスは上下逆さの状態で利用するが、アプリもその向きに対応しているので、撮影中の違和感はほとんどない(別アプリに切り替えた際などに感じる程度)。LightningコネクタはアップルのMFi認定を受けているので、iOSがアップデートしても安心して利用できる。

    専用アプリは、挿されたハードウェアを感知して自動的に起動し、そのまま手持ちでの撮影や、ハードケースをスタンドとして利用してのハンズフリー撮影が可能だ(三脚などを利用する際には、市販のスマートフォンアダプタなどを利用)。

    無線接続タイプと比べて、画面を見ながらの撮影であっても、スタンバイまでの時間がほとんどかからないのは大いに魅力的といえる。

    アプリからモードを選ぶだけで即時配信が可能

    先行する単体カメラタイプのリコーTHETAなどと比べると、静止画の解像度(THETAは5376×2688ドット)では劣るものの、動画ではほぼ同程度となっており、撮影条件によっては前後のレンズで捉えた映像の継ぎ目がやや目立つ場合もある。

    しかし、ビデオ撮影をしながらリアルタイムでネット配信するライブストリーム機能では、Giroptic IOが大きくリードしており、アプリからモードを選ぶだけで即時配信が可能となる。


    プロフィール

    プロフィール

    大谷和利

    テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

    本誌紹介

    特集:トランプは終わらない

    本誌 最新号

    特集:トランプは終わらない

    全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

    2021年1月19日号  1/13発売

    人気ランキング

    • 1

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 2

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 3

      「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

    • 6

      菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

    • 7

      「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

    • 8

      窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

    • 9

      メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

    • 10

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 1

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 2

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

    • 3

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

    • 4

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 5

      「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

    • 6

      トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

    • 7

      上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

    • 8

      「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

    • 9

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 10

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

    • 8

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 9

      中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

    • 10

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶