Newsweek

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンのちょっとマジメな話

「自己責任論はあり得ない」から議論を始めよう

2018年11月09日(金)16時00分
    「自己責任論はあり得ない」から議論を始めよう

    帰国後に記者会見した安田純平氏 Issei kato-REUTERS

    <シリアで拘束されていた安田純平氏の帰国を祝うとともに、ジャーナリストの役割について改めて議論が進むといい。ただし、危険を冒した国民に対しても政府の保護責任があることには議論の余地はない>

    こんな時に「自己責任」ほど無意味な表現はない。

    安田純平さんがシリアの武装組織による拘束から解放され帰ってきた。おかえりなさい。無事の帰国を心から祝う。

    プロフィール

    プロフィール

    パックン(パトリック・ハーラン)

    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    本誌 最新号

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

    2019年5月28日号  5/21発売

    人気ランキング

    • 1

      日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

    • 2

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

    • 3

      日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

    • 4

      パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

    • 5

      利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

    • 6

      トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

    • 7

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 8

      京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

    • 9

      ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

    • 10

      金正恩「安倍は軍国主義」、日本の会談呼びかけにカ…

    • 1

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 4

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 5

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 6

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 7

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 8

      元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

    • 9

      トランプの言うことは正しい

    • 10

      日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 5

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

    • 10

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える