Newsweek

THIS EMPTY WORLD

【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

2019.05.10

Photographs by NICK BRANDT

    【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

    バスターミナルとゾウ。今回のプロジェクトが行われたのはケニアの先住民族マサイが住む地域

    <アフリカで住む地を奪われているのは野生動物だけではない。そこに移り住む人々も、元の生活と生活の糧にしてきた豊かな自然を奪われている>

    無秩序な開発と急激な人口増加により、人間の居住地が野生動物の楽園を侵食し続けている。写真家ニック・ブラントが写真集『ディス・エンプティ・ワールド』で訴えるのは、そうした途上国での悲劇的な実状だ。

    写っているのはゾウなどの野生動物と人間、そして人工的な建造物が同居する奇妙な光景だが、これらは現実ではない。動物と人間それぞれを同じ場所で撮影し、合成したものだ。

    ブラントのチームはまず最低限の撮影セットを組み、動物が通るのを何週間も待つ。撮影に成功したら、次はカメラを固定したままでバス停や工場、工事現場といった大掛かりなセットを用意し、エキストラとなる人々を配置して再び撮影する。

    この2つを合わせた作品は、確かに架空の光景だが、既に世界で起きていること、そしてこの地で間もなく起きる現実を象徴的に表している。

    もう1つ、ブラントは住む地を奪われる動物だけでなく、ここに移り住まざるを得ない周辺地域の人々も同じく被害者だと訴える。彼らもまた元の生活と、生活の糧にしてきた豊かな自然という「資源」を奪われているのだ。写真には写らない、開発業者や政治家など目先の利益を優先する人間によって。


    ppempty02.jpg

    橋の建築現場と作業員とゾウ。ハリウッドさながらの大規模なセットが組まれている


    ppempty03.jpg

    <架空の建造物>上写真の撮影風景。ゾウが通る姿を捉えたカメラを固定したまま、画角に収まるよう架空の建築現場を造り上げる。使った資材は次の現場で再利用し、セットの痕跡は一切残さないという。ブラントが共同設立したNPO団体はアフリカ東部の8000平方キロメートルの土地で密猟の監視などを通じた自然保護活動を行っている


    ppempty04.jpg

    サバンナのライオンと人間。エキストラを集めて行われた「第2部」の撮影は2カ月を要した

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:弾圧中国の限界

    本誌 最新号

    特集:弾圧中国の限界

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    2019年6月25日号  6/18発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

    • 3

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

    • 4

      タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

    • 5

      「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

    • 6

      本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

    • 7

      難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

    • 8

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

    • 1

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

    • 2

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 3

      香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

    • 4

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 5

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 6

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 7

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 8

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 6

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 7

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 8

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 9

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 10

      トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実