Newsweek

THIS EMPTY WORLD

【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

2019.05.10

Photographs by NICK BRANDT

    【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

    バスターミナルとゾウ。今回のプロジェクトが行われたのはケニアの先住民族マサイが住む地域

    <アフリカで住む地を奪われているのは野生動物だけではない。そこに移り住む人々も、元の生活と生活の糧にしてきた豊かな自然を奪われている>

    無秩序な開発と急激な人口増加により、人間の居住地が野生動物の楽園を侵食し続けている。写真家ニック・ブラントが写真集『ディス・エンプティ・ワールド』で訴えるのは、そうした途上国での悲劇的な実状だ。

    写っているのはゾウなどの野生動物と人間、そして人工的な建造物が同居する奇妙な光景だが、これらは現実ではない。動物と人間それぞれを同じ場所で撮影し、合成したものだ。

    ブラントのチームはまず最低限の撮影セットを組み、動物が通るのを何週間も待つ。撮影に成功したら、次はカメラを固定したままでバス停や工場、工事現場といった大掛かりなセットを用意し、エキストラとなる人々を配置して再び撮影する。

    この2つを合わせた作品は、確かに架空の光景だが、既に世界で起きていること、そしてこの地で間もなく起きる現実を象徴的に表している。

    もう1つ、ブラントは住む地を奪われる動物だけでなく、ここに移り住まざるを得ない周辺地域の人々も同じく被害者だと訴える。彼らもまた元の生活と、生活の糧にしてきた豊かな自然という「資源」を奪われているのだ。写真には写らない、開発業者や政治家など目先の利益を優先する人間によって。


    ppempty02.jpg

    橋の建築現場と作業員とゾウ。ハリウッドさながらの大規模なセットが組まれている


    ppempty03.jpg

    <架空の建造物>上写真の撮影風景。ゾウが通る姿を捉えたカメラを固定したまま、画角に収まるよう架空の建築現場を造り上げる。使った資材は次の現場で再利用し、セットの痕跡は一切残さないという。ブラントが共同設立したNPO団体はアフリカ東部の8000平方キロメートルの土地で密猟の監視などを通じた自然保護活動を行っている


    ppempty04.jpg

    サバンナのライオンと人間。エキストラを集めて行われた「第2部」の撮影は2カ月を要した

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:台湾の力量

    本誌 最新号

    特集:台湾の力量

    コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

    2020年7月21日号  7/14発売

    人気ランキング

    • 1

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

    • 2

      新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

    • 3

      抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免疫システムで新研究

    • 4

      香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

    • 5

      インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

    • 6

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 7

      「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

    • 8

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 9

      マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 3

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 6

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 7

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 8

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

    • 9

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 10

      新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由