Newsweek

THIS EMPTY WORLD

【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

2019.05.10

Photographs by NICK BRANDT

    【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

    バスターミナルとゾウ。今回のプロジェクトが行われたのはケニアの先住民族マサイが住む地域

    <アフリカで住む地を奪われているのは野生動物だけではない。そこに移り住む人々も、元の生活と生活の糧にしてきた豊かな自然を奪われている>

    無秩序な開発と急激な人口増加により、人間の居住地が野生動物の楽園を侵食し続けている。写真家ニック・ブラントが写真集『ディス・エンプティ・ワールド』で訴えるのは、そうした途上国での悲劇的な実状だ。

    写っているのはゾウなどの野生動物と人間、そして人工的な建造物が同居する奇妙な光景だが、これらは現実ではない。動物と人間それぞれを同じ場所で撮影し、合成したものだ。

    ブラントのチームはまず最低限の撮影セットを組み、動物が通るのを何週間も待つ。撮影に成功したら、次はカメラを固定したままでバス停や工場、工事現場といった大掛かりなセットを用意し、エキストラとなる人々を配置して再び撮影する。

    この2つを合わせた作品は、確かに架空の光景だが、既に世界で起きていること、そしてこの地で間もなく起きる現実を象徴的に表している。

    もう1つ、ブラントは住む地を奪われる動物だけでなく、ここに移り住まざるを得ない周辺地域の人々も同じく被害者だと訴える。彼らもまた元の生活と、生活の糧にしてきた豊かな自然という「資源」を奪われているのだ。写真には写らない、開発業者や政治家など目先の利益を優先する人間によって。


    ppempty02.jpg

    橋の建築現場と作業員とゾウ。ハリウッドさながらの大規模なセットが組まれている


    ppempty03.jpg

    <架空の建造物>上写真の撮影風景。ゾウが通る姿を捉えたカメラを固定したまま、画角に収まるよう架空の建築現場を造り上げる。使った資材は次の現場で再利用し、セットの痕跡は一切残さないという。ブラントが共同設立したNPO団体はアフリカ東部の8000平方キロメートルの土地で密猟の監視などを通じた自然保護活動を行っている


    ppempty04.jpg

    サバンナのライオンと人間。エキストラを集めて行われた「第2部」の撮影は2カ月を要した

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

    • 2

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 3

      自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

    • 4

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 5

      それでも僕らがトランプを支持する理由

    • 6

      国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

    • 7

      英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

    • 8

      日本アニメはネットフリックスを救えるか?

    • 9

      香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

    • 10

      「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

    • 1

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 2

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 3

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

    • 4

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 5

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 6

      文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

    • 7

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 8

      ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

    • 9

      10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

    • 10

      北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年