Newsweek

  • HOME
  • Picture Power
  • 【写真特集】騙されて子宮を奪われるインドの農民女性…

SUGAR GIRLS

【写真特集】騙されて子宮を奪われるインドの農民女性たち

2021.04.03

Photographs by CHLOE SHARROCK

    【写真特集】騙されて子宮を奪われるインドの農民女性たち

    10キロ以上のサトウキビの束を頭に載せて運ぶ17歳の少女。過去に2度の流産を経験し、現在も妊娠5カ月。過酷な肉体労働と妊娠と流産の繰り返しで体調に不調をきたした女性をカモにする医師たちがいる

    <かつて医師の稼ぎの中心は中絶手術だったが、避妊が容易になったことで子宮摘出が新たな儲けの手段になっている>

    2019年4月、インドのマハラシュトラ州のサトウキビ農園で働く数千人の女性たちが不必要な子宮摘出術を受けさせられている事実が発覚し、スキャンダルとなった。女性たちが十分な知識を持たないことに付け込み、健康診断などの際に子宮摘出が必要だと信じ込ませていたという。

    かつて医師たちの稼ぎの中心は中絶手術だったが、避妊が比較的容易になったことで、子宮摘出が新たな儲けの手段になったようだ。その標的として、農園の女性は最適だった。大規模農園の多くは法規制を無視した違法状態にあり、労働組合や社会・医療保険もない。また過酷な肉体労働で、医師を頼る機会も多かった。

    農園の請負業者にとっても、月経を止めて生産性を向上させる子宮摘出は都合がいい。こうした虐待行為は、インド経済の民営化と自由化で、過剰な利益追求が広がるにつれて多く見られるようになった。

    同地の貧困問題は深刻で、劣悪な労働環境ながら人々には農園での仕事以外の選択肢がない。また事件後も、政府は具体的な法律や処罰を制定しておらず、金儲けのために女性の体が傷つく状況が改められる見通しは暗い。

    ppindia02.jpg

    29歳の彼女は14歳の頃からサトウキビ農園で働いている。重い生理痛に悩んで病院を訪れたところ、子宮摘出手術を受けさせられたという。診療記録は一切なく、身体の不調は手術後も改善しなかった


    ppindia03.jpg

    子宮摘出の手術を行う医師。マハラシュトラ州では現在、手術の前に保健当局の認可を取ることを医師たちに求めている。しかし運用は厳密ではなく、女性の40%近くが子宮を持たない村もある


    ppindia04.jpg

    2年前に受けた子宮摘出手術の痕が今も生々しく残る。彼女の農園労働の賃金の半分は手術の合併症の治療に消えてしまう。執刀した医師はカルテを残さず、術後のケアは一切拒否している


    ppindia05jpg.jpg

    請負業者の彼は毎年、マハラシュトラ州で250人以上を集め、6カ月間の労働のために遠隔地の農園に送り込む。子宮摘出の費用として賃金を前借りさせ、法外な利子で女性の自由を奪うことも多い

    本誌紹介

    特集:新章の日米同盟

    本誌 最新号

    特集:新章の日米同盟

    台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

    2021年5月18日号  5/11発売

    人気ランキング

    • 1

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

    • 2

      日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

    • 3

      インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

    • 4

      【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

    • 5

      コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

    • 6

      インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

    • 7

      インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

    • 8

      米物価上昇が意味すること

    • 9

      「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

    • 10

      バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

    • 1

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

    • 4

      日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

    • 5

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

    • 6

      金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

    • 7

      【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

    • 8

      インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

    • 9

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

    • 10

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 5

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 6

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 7

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 8

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    • 9

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 10

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像