話題のニュースを毎朝お届けするメールマガジン、
ご登録はこちらから。

Newsweek1

プレスリリース

Pix4D、日本オフィスを拡張

2021年04月08日(木)09時43分
    Pix4D株式会社
    Pix4Dが、アジア太平洋(APAC)での事業強化のため新しい日本オフィスを発表します。

    東京、日本、[2021年4月8日]:本日、フォトグラメトリー(SfM)業界のリーダーであるPix4Dは、アジア太平洋(APAC)市場での事業を強化するため、日本オフィスを拡張することを発表します。



    Pix4Dは、APACでの存在価値を高め、2019年に設立された日本オフィスを事業拡大に順応するために渋谷神南に移転します。 Pix4Dは、各地域のフォトグラメトリーおよび画像分析ソリューションに関する分野での需要の高まりに応えるために、引き続き現地のパートナーと緊密に連携していきます。日本オフィスはPix4D上海オフィスとも密に協力し、中国だけでなく、東アジア、南アジア、東南アジアやオセアニアの他の国々にも最適なサービスを提供していきます。

    測量と2D/3Dマッピング、点検、土木建設、農業、防災、公共安全などの業界の特定のニーズを満たすためにPix4Dの製品ポートフォリオが多様化するにつれ、組織がその規模を拡大するのは当然のことです。昨年、Pix4Dは、スタンドアロンのクラウドプラットフォームであるPix4Dcloud、大規模マッピングに特化したソフトウェアのPix4Dmatic、およびデジタルツインを作成することで点検作業を強力に支援するPix4DscanとPix4Dinspectを発表しました。Pix4Dの最新製品である3Dスキャンアプリ、Pix4Dcatchは、名門の東京農業大学にて既に研究に使用されています。

    Pix4Dの創立者でありCEOのChristoph Strechaは「私たちは、世界最大級の経済圏におけるPix4Dの発展となるこの新しい挑戦が楽しみです。Pix4Dでは、10年以上にわたってさまざまな製品を開発し、次世代のフォトグラメトリーおよび分析ツールの開発に継続的に投資してきました。 APAC地域の既存の現地パートナーおよびクライアントとのコラボレーションを強化することで、新しいパートナーシップと相乗効果をもたらすことを期待しています。」と発言しています。

    APACの地域マネージャーであるMatteo Gismondiは「東京の新しいオフィスと拡張されたチームで、今まで以上にお客様に寄り添い、日本とAPAC地域でさらに多くの企業やユーザーにPix4D製品やサービスを選んでもらえるような体制を築き上げていきたいと考えています。」と付け加えて発言しています。

    Pix4Dについて
    Pix4D (https://www.pix4d.com/jp) はドローン、手持ちカメラや飛行機により撮影された様々な画像を測量レベルの精度で正確にジオリファレンスされた2Dモザイク、3Dモデルおよび点群に変換する最先端のソフトウェアを開発しています。2011年に設立され、スイス・ローザンヌにある本社を始め、ベルリン、マドリード、デンバー、サンフランシスコ、上海および東京にオフィスを急速に展開しています。

    Pix4Dは、ドローンマッピング業界をリードするフォトグラメトリー(SfM)ソフトウェアである Pix4Dmapper製品での知名度が最も高く、この他にも農業分野ではPix4Dfields、防災・公共安全分野ではPix4Dreact、オンラインドローンマッピング、進捗状況の把握、現場状況記録ではPix4Dcloud、自動の産業点検及び資産管理ではPix4Dinspect、大規模マッピングではPix4Dmatic、効率的な地形モデリングとベクトル化にはPix4Dsurveyをソフトウェアソリューションとして提供しています。
    企業プレスリリース詳細へ
    PR TIMESトップへ
    提供:PR TIMES

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:若返りの最新科学

    本誌 最新号

    特集:若返りの最新科学

    老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

    2021年5月25日号  5/18発売

    人気ランキング

    • 1

      池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

    • 2

      ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を信用できない」──王室伝記作家

    • 3

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

    • 4

      ミャンマー、地元武装勢力が撤退 国軍との戦闘激化

    • 5

      NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

    • 6

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    • 7

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    • 8

      窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチンの秘策…

    • 9

      アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を…

    • 10

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 1

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 2

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

    • 3

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

    • 4

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    • 5

      日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

    • 6

      ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

    • 7

      【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

    • 8

      池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

    • 9

      金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

    • 10

      インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

    • 5

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 6

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 7

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 8

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 9

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像