話題のニュースを毎朝お届けするメールマガジン、
ご登録はこちらから。

Newsweek

プレスリリース

[ジョルジオ アルマーニ】ニューノーマルな日常に活躍する新作セットアップが登場

2021年04月22日(木)18時34分
    ジョルジオ アルマーニ ジャパン 株式会社
    進化するジョルジオ アルマーニのセットアップ

    リモートワークがスタンダードになりつつある今、ビジネスシーンでは、タイドアップしてスーツを着ることも少なくなってきているのではないでしょうか。ネクタイをきっちりと締めたスーツ姿は男性の凛々しいビジネススタイルの象徴でしたが、ライフスタイルの変化と共に、ONにもOFFにも使えるリラックスしたセットアップのニーズが高まってきています。核となるスタイルは維持しながらも、時代に合わせて柔軟に変化を遂げてきたジョルジオ アルマーニから、まさに現代のニーズに沿ったセットアップが多数登場します。


    今季ジョルジオ アルマーニから登場するセットアップの最大の特徴は、素材とシルエットで程よいリラックス感を感じさせる点です。
    テーラードスタイルでありながら、どこかリラックス感のある仕上がりは、タイドアップのかっちりとしたスーツスタイルに変わる、ニューノーマル時代の仕事着といえるのではないでしょうか。リモートワークの普及により、自宅やシェアオフィス、時にはワーケーションとしてリゾート地までもが仕事場に変わるこの新時代。
    リモート会議にはジャケットを羽織り、会議が終わればジャケットを脱いで集中してパソコンに向き合う。また、時にはジャケットを脱いでそのままリゾート地のレストランに食事に出かけることも・・・。そんな新時代に重要なのは、セットアップの「フォーマル感」と素材とシルエットで見せる「リラックス感」の見事なバランスです。
    JACKET396,000円(税込み)PANTS 187,000円(税込み)
    例えば、今季登場するこちらのセットアップは、リネン、シルク、コットンの混合素材。
    ピークトラペル、ダブルブレステッドの正統派スタイルは、インナーに襟付きのシャツを合わせればリモート会議などでしっかりとフォーマル感を出すことが可能です。一方、合わせのパンツはタックが入ったリラックスシルエットに仕上げることにより、ジャケットを着用せず、Tシャツやカットソーといったカジュアルなトップスとの合わせにもピッタリとマッチするセットアップに作りあげています。
    JACKET (シングル)286,000円(税込み)VEST132,000円(税込み)PANTS 170,500円(税込み)
    続いては、涼しげなカラーリングの3ピースをご紹介します。3ピースと言うと、フォーマルスタイルの代表格ともいえるスタイリングですが、こちらのアイテムはシルク・ナイロンの非常に軽量な素材、さわやかなブルーのカラーリングなど、従来の3ピースとは一線を画す仕上がり。肩パッドなどのない一枚仕立てのジャケットは、まるでカーディガンのように心地よくご着用いただけます。足元をサンダルに履き替えれば、そのままリゾート地のレストランに行けるような、リラックス感をも漂わせる今の時代にこそおすすめしたいセットアップです。
    JACKET462,000円(税込み)Tshirts 84,700円(税込み)

    こちらは、新しい視点での「セットアップ」のご紹介になります。リネン、レーヨン、ナイロン素材の軽い着心地のジャケットは、インナーに同じ柄のTシャツを合わせるという「インナーとアウターのセットアップ」を提案しています。女性がニットとカーディガンをアンサンブルで着るような感覚で、ジャケットとインナーがツインセットになったタイプ。メンズには珍しいセットアップスタイルの提案ですが、それぞれ単品使いも非常に使い勝手がよく、是非男性にも取り入れていただきたい、ジョルジオ アルマーニからの新しいご提案です。
    JACKET341,000円(税込み)VEST151,800(税込み)PANTS187,000円(税込み)
    最後に、よりカジュアルなセットアップをお求めの方におすすめしたいスタイルをご紹介します。
    リネン、コットン、シルク、レーヨン混紡のスラブデニム素材で仕上げたこちらのセットアップは、裾部分のボタンディテールや、素材が持つ独特のカジュアル感でオフスタイルに活躍するアイテム。一般的なコットンデニムよりも柔らかな素材感が特徴で、リネン混ならではのさらりとした肌触りが非常に心地よい1点です。ニューノーマル時代を代表する、オンとオフを自由に行き来する最先端のセットアップスタイルです。


    【ジョルジオ アルマーニとは】
    1975年にミラノで誕生したブランド。デザイナーはジョルジオ・アルマーニ。
    ソフト仕立てのアンコンストラクテッド・ジャケットという画期的なジャケットを発表したことでファッション界に革命を起こし、以来、虚飾を排した本質的なスタイル、エレガントかつモダンで洗練されたデザインを提案しっ続けています。現在、ジョルジオ アルマーニのスーツやドレスは世界中のセレブリティに着用されておりレッドカーペットなどの場にも多く登場しています。

    公式サイト: https://www.armani.com
    公式Twitter: https://twitter.com/ARMANI_JAPAN
    公式Facebook: https://www.facebook.com/armani.japan/
    公式YOUTUBE: https://www.youtube.com/Armani
    公式Instagram: https://www.instagram.com/giorgioarmani/
    公式LINE: https://lin.ee/jg1Lsbv

    お問合せ先:
    ジョルジオ アルマーニ ジャパン
    TEL:03-6274-7070
    企業プレスリリース詳細へ
    PR TIMESトップへ
    提供:PR TIMES

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

    • 3

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 6

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 7

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 8

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 9

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 5

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 6

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

    • 9

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 10

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 4

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像