Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

アメリカで沸き起こった「オプラ2020」待望論を考える

2018年01月11日(木)17時00分
    アメリカで沸き起こった「オプラ2020」待望論を考える

    ゴールデングローブ賞受賞式でのオプラの品格あるスピーチに多くの人が酔いしれた Paul Drinkwater/NBC/REUTERS

    <ゴールデングローブ賞受賞式でのスピーチをきっかけに、一気に盛り上がったテレビ司会者オプラ・ウィンフリーの大統領選立候補への待望論。その背景にあるのは......>

    今週8日、アメリカではSNSを通じて「オプラ2020」というスローガンが爆発的に拡散されました。テレビ司会者で女優のオプラ・ウィンフリーに、2020年の大統領選に立候補して、現職のトランプ大統領に挑戦してもらいたいという待望論です。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 2

      中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

    • 3

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 4

      キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

    • 5

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

    • 6

      コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

    • 7

      ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理…

    • 8

      インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 1

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 2

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

    • 3

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 4

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

    • 5

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 6

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 7

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 8

      地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

    • 9

      金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

    • 10

      ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

    • 10

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい