Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

鳩山由紀夫氏が象徴する戦後日本の「反米左派」

2018年02月13日(火)15時30分
    鳩山由紀夫氏が象徴する戦後日本の「反米左派」

    鳩山氏の誠実な人柄は伝わったが(写真は16年7月に北京で開かれた世界平和フォーラム) China Daily/REUTERS

    <米プリンストン大学で講演した鳩山由紀夫元首相。戦後日本のリベラルを象徴するような「お約束」な言説は、若い学生には物足りなかったようだ>

    今月8日、プリンストン大学のウッドロー・ウィルソン国際関係学部に元首相の鳩山由紀夫氏が登場して、約1時間半のスピーチを行いました。内容は、用意してあった原稿を朗読するという形で、かねてから同氏の主張していることを英語で説明したものでした。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 4

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 5

      「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

    • 6

      ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

    • 7

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 8

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 3

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 4

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 5

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 6

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 7

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 8

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 9

      ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

    • 10

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 3

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 6

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 7

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 10

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい