Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

20年を経て見直しの時を迎えた日本の司法制度改革

2019年05月17日(金)18時00分
    20年を経て見直しの時を迎えた日本の司法制度改革

    裁判員制度が発足してこの5月でちょうど10年 keko-ka/iStock.

    <「裁判の迅速化」でも「司法へのアクセス拡大」でも成果はなし、根本的に軌道修正が必要な時期に来ている>

    司法改革がスタートして20年、裁判員制度が発足してこの5月でちょうど10年となりました。裁判員制度については、まがりなりにも定着した形ですが、では司法改革全体の成果はどうだったかというと、疑問が残ります。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 9

        ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

      • 10

        火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 4

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 5

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 6

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 7

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 8

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 9

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 10

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場