Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

20年を経て見直しの時を迎えた日本の司法制度改革

2019年05月17日(金)18時00分
    20年を経て見直しの時を迎えた日本の司法制度改革

    裁判員制度が発足してこの5月でちょうど10年 keko-ka/iStock.

    <「裁判の迅速化」でも「司法へのアクセス拡大」でも成果はなし、根本的に軌道修正が必要な時期に来ている>

    司法改革がスタートして20年、裁判員制度が発足してこの5月でちょうど10年となりました。裁判員制度については、まがりなりにも定着した形ですが、では司法改革全体の成果はどうだったかというと、疑問が残ります。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の出口

    本誌 最新号

    特集:香港の出口

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    2019年8月27日号  8/20発売

    人気ランキング

    • 1

      日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

    • 2

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 3

      乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル大学の研究

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 6

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 7

      「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

    • 8

      日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

    • 9

      韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

    • 10

      トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 7

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 8

      世界が知る「香港」は終わった

    • 9

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 10

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      日本の重要性を見失った韓国

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 6

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 7

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 8

      デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

    • 9

      「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる