Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

なぜ今アメリカの一部で「中絶禁止」が勢い付いているのか

2019年05月21日(火)18時40分
    なぜ今アメリカの一部で「中絶禁止」が勢い付いているのか

    アラバマ州の州議会前で「中絶禁止」法に反対する女性(今月19日) Michael Spooneybarger-REUTERS

    <再選を目指して宗教保守派を取り込みたいトランプと、中絶を違憲にする「悲願」をトランプに託す保守派の人々>

    妊娠中絶という問題は、社会においては積極的に語ることの少ない話題です。理由はともあれ、当事者には極めて重い選択ですし、また当事者以外には理解することが難しいからです。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

      • 1

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

      • 2

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 3

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 4

        韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

      • 5

        繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

      • 6

        サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

      • 7

        【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

      • 8

        米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

      • 9

        【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

      • 10

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 1

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 2

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 3

        日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

      • 4

        2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

      • 5

        ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

      • 6

        「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

      • 7

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

      • 8

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 9

        「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

      • 10

        タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調