Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

前代未聞の議会乱入で現実となったアメリカの「権力の空白」

2021年01月07日(木)14時00分
    前代未聞の議会乱入で現実となったアメリカの「権力の空白」

    6日の集会で大統領選の結果を認めないと支持者を煽ったトランプ Jim Bourg-REUTERS

    <支持者の暴挙を数時間にわたって放置したトランプには、大統領職務を停止するべきという批判まで出ている>

    今週6日水曜、米大統領選挙の結果を最終的に上下両院が確認する手続きが進められていた途中で、議会議事堂にトランプ派のデモ隊が乱入し、現時点では1人が死亡するという前代未聞の不祥事が発生しました(その後の報道では計4人の死亡を確認)。全国から集まってワシントンDCのホテルなどに陣取っていたデモ隊は、前日から不穏な動きを見せていたようですが、メディアの関心はジョージア州の上院議員選決戦投票に向けられていたため、「ノーマーク」の中での事件となりました。

    トランプはあくまで選挙結果を認めず、これに扇動されたデモ隊がガラス窓を叩き割って議事堂内に押し入り、議事進行を妨害したのです。これを受けて、1月20日のバイデン次期大統領の就任式が安全に実施できるかが懸念されています。就任式は行われるでしょうが、厳戒態勢となるのは避けられないでしょう。また、仮にトランプが平和的にホワイトハウスから退去しない事態となれば、これも歴史に残る不祥事となるでしょう。

    それ以前の問題として、この日の事件により当面、1月20日までのアメリカにおける「権力の空白」が現実のものとなりました。

    まず、議会占拠が発生してから数時間にわたってトランプ大統領は何もせず、ホワイトハウスでテレビを見ていたと報じられています。議会が占拠され、上下両院議員は全員がシェルターに緊急避難し、デモ隊が議事堂の周囲を囲むという危機的な状態に対して、何もしなかったのです。

    扇動を続けたトランプ

    当面は議会警察が対応しつつ、ワシントン市警察(MPDC)が急派されてデモ隊を牽制していましたが、大統領が指示をしないのでFBI(連邦捜査局)やATF(アルコール・タバコ・火器・爆発物取締局)などの連邦レベルの危機管理組織は動きが取れずにいました。それ以前の問題として、デモ隊に対して暴挙を止めよというメッセージすら出していなかったのです。

    沈黙を守るトランプに対して、バイデン次期大統領は午後4時に全国中継のテレビで演説を行い、「これは民主主義への挑戦」だとしてデモ隊を激しく非難、同時にトランプに対して「今すぐ、テレビの前に出てきてデモ隊に解散を命じよ」と数度にわたって強く要求をしたのでした。

    さすがに沈黙を続けるわけには行かなくなったトランプは、ホワイトハウスの前庭で録画したと思われる動画をツイッターにアップしました。その内容は、デモ隊に対して依然として「この選挙は盗まれた」という虚偽の扇動を続けていたのです。

    さらに暴挙の後であるにもかかわらず、デモ隊に向けて「アイ・ラブ・ユー」などと行動を支持するかのような発言を行い、その上で流血を避けるために「静かに帰宅を」促すという中途半端なものでした。つまり現職の大統領が、連邦議会の議事進行を暴力によって妨害したデモ隊に対して、「理解を示した」という前代未聞の状況が生まれたのです。

    こうした状況に対しては、ジョージアの2議席を民主党が取った今こそ、トランプを弾劾すべきという声がありますが、任期が残り2週間を切った現状では、弾劾して罷免する手続きは間に合いそうもありません。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

    • 2

      インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

    • 3

      肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

    • 4

      地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

    • 5

      韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

    • 6

      26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

    • 7

      入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

    • 8

      医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

    • 9

      恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

    • 10

      日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

    • 1

      台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

    • 4

      インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

    • 5

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 6

      肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

    • 7

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 8

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

    • 9

      地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

    • 10

      北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

    • 7

      バブルは弾けた

    • 8

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 9

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 10

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び