冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

東京五輪に1300億円支払っている米NBC、その報道姿勢が意外に冷静な理由

2021年07月21日(水)15時00分

    独占中継権を持っているNBCなら「盛り上げ」モードになってもおかしくないが Issei Kato-REUTERS

    <場合によっては期間中に「中止」になる事態もおそらく想定している>

    東京五輪が間近に迫ってきましたが、アメリカのメディアは盛り上がっていません。もっとも、アメリカの場合は五輪の中継権はNBC一社で独占していますから、NBC以外のテレビ各局が、五輪に対して冷ややかなのは通常モードです。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    本誌紹介

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    本誌 最新号

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

    2021年7月27日号  7/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 2

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 5

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 6

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 7

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 8

      人類は2040年代をピークに破滅? 世界に衝撃を与え…

    • 9

      マクドナルド化する医療「それが、あなたに最適な治…

    • 10

      東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 4

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 5

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 6

      経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

    • 7

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 8

      BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

    • 9

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 10

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

    • 4

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 5

      「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

    • 6

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 7

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 8

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 9

      ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

    • 10

      テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】熱帯化するイタリアの田園