Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

写真がゴミのように消費され、東洋が異質なものとして見られる時代に

2018年09月28日(金)12時10分
    写真がゴミのように消費され、東洋が異質なものとして見られる時代に

    From Serkan Çolak @serkanncolak

    <トルコの写真家セルカン・コラックのインスタグラム作品は「ビジュアルダイアリー的なもの」。しかし、潜在的に2つの写真哲学が大きく存在している>

    今回取り上げるInstagramフォトグラファーは、トルコの南西部で生まれ育ち、現在は同国西部のイズミールに在住する37歳のドキュメンタリー写真家、セルカン・コラックだ。写真は独学で習い、本職は中学校の体育教師である。

    インスタグラムで発表されている彼の作品は、中近東の写真家に多く見られる典型的なスタイルと言っていいかもしれない。白黒写真で、光を効果的に扱った構図を持ち、構図の中でそれぞれの要素――つまり、メインの被写体やサブの被写体とのセパレーション――を効果的に捉えている。

    ただし、これまた同地域に多く見られる、明暗をハイコントラストにしてシャープな美しさを最大限に狙った写真ではない。むしろ、コントラストは弱い。彼自身も耽美的な完全性を目指しているのではないという。ユーモラスな感覚や謎めいたニュアンスも写真に取り入れている。

    加えて、メッセージやテーマを前面に強く押し出したプロジェクト的な写真でもない。そうした作品は、仲間たちと作った写真集団MAHZEN (www.mahzenphotos.com) を通して別に発表しているのだという。

    むしろ、インスタグラムでのコラックの作品は、彼がインタビューで答えてくれたように、彼自身のビジュアルダイアリー的なものだ。彼の周りにあるトルコの日常を、彼が無意識に反応して切り取ったものである。それは、押し付けがましさのない穏やかな感覚を生み出し、作品に流れるある種の反完全主義的な要素と混ざり合い、見る者を心地よくさせてくれる。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

    • 5

      コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

    • 6

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 7

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 8

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 9

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 8

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 9

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 10

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩