Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

写真がゴミのように消費され、東洋が異質なものとして見られる時代に

2018年09月28日(金)12時10分
    写真がゴミのように消費され、東洋が異質なものとして見られる時代に

    From Serkan Çolak @serkanncolak

    <トルコの写真家セルカン・コラックのインスタグラム作品は「ビジュアルダイアリー的なもの」。しかし、潜在的に2つの写真哲学が大きく存在している>

    今回取り上げるInstagramフォトグラファーは、トルコの南西部で生まれ育ち、現在は同国西部のイズミールに在住する37歳のドキュメンタリー写真家、セルカン・コラックだ。写真は独学で習い、本職は中学校の体育教師である。

    インスタグラムで発表されている彼の作品は、中近東の写真家に多く見られる典型的なスタイルと言っていいかもしれない。白黒写真で、光を効果的に扱った構図を持ち、構図の中でそれぞれの要素――つまり、メインの被写体やサブの被写体とのセパレーション――を効果的に捉えている。

    ただし、これまた同地域に多く見られる、明暗をハイコントラストにしてシャープな美しさを最大限に狙った写真ではない。むしろ、コントラストは弱い。彼自身も耽美的な完全性を目指しているのではないという。ユーモラスな感覚や謎めいたニュアンスも写真に取り入れている。

    加えて、メッセージやテーマを前面に強く押し出したプロジェクト的な写真でもない。そうした作品は、仲間たちと作った写真集団MAHZEN (www.mahzenphotos.com) を通して別に発表しているのだという。

    むしろ、インスタグラムでのコラックの作品は、彼がインタビューで答えてくれたように、彼自身のビジュアルダイアリー的なものだ。彼の周りにあるトルコの日常を、彼が無意識に反応して切り取ったものである。それは、押し付けがましさのない穏やかな感覚を生み出し、作品に流れるある種の反完全主義的な要素と混ざり合い、見る者を心地よくさせてくれる。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

    • 2

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 3

      日本アニメはネットフリックスを救えるか?

    • 4

      自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「…

    • 5

      それでも僕らがトランプを支持する理由

    • 6

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 7

      「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

    • 8

      英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

    • 9

      国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

    • 10

      香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

    • 1

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 2

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 3

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

    • 4

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 5

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 6

      文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

    • 7

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 8

      ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

    • 9

      10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

    • 10

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年