Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

離婚と、リストラの不安──ベテラン写真家が自身を投影した作品

2018年10月24日(水)16時00分
    離婚と、リストラの不安──ベテラン写真家が自身を投影した作品

    From Aristide Economopoulos @aeconomopoulos

    <受賞歴もあるアリスティード・エコノモプロスが、自身のサイト以外では発表したことのなかったパーソナルな作品。微妙な距離感が作品に漂っている>

    今回紹介する写真家は、ニューヨークの近郊、ニュージャージ州のジャージーシティに住むアリスティード・エコノモプロスだ。同州のスター・レジャー紙のベテラン・スタッフフォトグラファー、47歳である。

    すでに20代、30代前半から名を馳せていた。アメリカのロデオを白黒写真で切り取ったストーリーはワールド・プレス・フォト(世界報道写真コンテスト)のスポーツ部門に入賞し、また、2001年の9.11の フォトエッセイも大きなインパクトをアメリカ国内外の写真界に与えた。

    だが、そうした栄光よりも、エコノモプロスが現在撮っているパーソナルな作品のほうがより重みがあるかもしれない。なぜなら、そうした作品は、彼自身のメタファーであり、またセラピーになっているからだ。

    4~5年ほど前から本格的に撮り出し、自身のサイト以外では実質上発表したことがないという、ニューヨークの有名なビーチをモチーフとしたコニーアイランド・シリーズ、および2001年の11月から撮るようになったというキューバ・シリーズはその典型だろう。

    彼のパーソナルな作品の多くは、華やかな色彩、黄色や赤のトーンでしばしば構成されている。だがハイコントラストな、あるいは色の押し付けがましさを感じさせるようなキツイ調子ではない。多くの写真が夕暮れ時の非常に柔らかい光を選んで撮影されているためだ。あるいは、絶妙な日中のシンクロのフラッシュ撮影で。そのため見る者は、しばしば写真のイメージの中に紛れ込んでしまうかのような錯覚さえ覚える。

    そうした溶け込むような感覚は、エコノモプロスが親密性とエモーション、とりわけソフト・エモーションを大切な要素としているからでもある。構図はあまり気にかけないという。人間性とそれが織りなす瞬間、瞬間を感じ取りたいと。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

    • 5

      コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

    • 6

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 7

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 8

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 9

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 8

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 9

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 10

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩