Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

ウガンダのナイトライフ写真集『Fuck It』に、フォトジャーナリストが辿りついた理由

2019年01月31日(木)11時45分
    ウガンダのナイトライフ写真集『Fuck It』に、フォトジャーナリストが辿りついた理由

    From Michele Sibiloni @michelesibiloni

    <写真に対する危機感を覚え、首都カンパラをベースに、ナイトライフにどっぷり浸かっていったイタリア人写真家のミケーレ・シビローニ>

    以前にもこのブログで触れているが、写真には2つの大きな特性がある。1つはファインダーという窓を通して、自身の外側にある世界を可能な限り客観的に見つめること。もう1つは、そのファインダーの窓を通しながら、その世界に自分のメタファーを投影することだ。

    それは、バランスの違いこそあれ、ドキュメンタリー、フォトジャーナリズムでも同じだ。だが、この手のジャンルの写真家がそれを、とりわけ若い頃から意識することは稀だ。

    今回取り上げるのは、そんな意識を持てている写真家の1人である。ウガンダ在住のイタリア人、ミケーレ・シビローニ。同国の首都カンパラのナイトライフ・シリーズで、一躍名を馳せた37歳の写真家だ。

    2012年までのシビローニは、アフリカ、中東を中心に、ある種典型的なフォトジャーナリストとしての活動を行っていた。だが、写真に対する危機感を覚え始める。自分の撮った写真に自分自身を感じることができなかったからだ。自分のためではなく、たぶんクライアントやエージェンシーのために撮影していたからだ、と彼は言う。

    以後、自己分析的な内面へのプロセス、あるいは自らの興味の対象に忠実になる。そしてそれは、夜のシーンだった。

    2012年からカンパラをベースとし、その街を第二の故郷として、非日常的ともいえるナイトライフにどっぶり浸かっていくことになる。それを自らのパーソナル・プロジェクトとして撮影していくことになったのだ。その成果は2016年、写真集『Fuck It』として出版され、タイム誌により同年のベスト写真集の1つにも選ばれた。

    『Fuck It』、あるいは以後も継続されているウガンダや他の地区でのナイトライフ・シリーズの主な被写体は人物だ。例えば、アスカリ(寄生虫)と呼ばれる弓矢を構えた夜の警備員、さらには放浪者、娼婦、ダンサー、タクシードライバー、酔っ払い、ブリーチヘアのホームボーイたち......。その多くは、ワイルドな生活感にあふれた、酒とパーティー好きな人々だ。

    ただ、こうした被写体は、ある意味ではステレオタイプかもしれない。外国人写真家が、好んで撮影するネタでもあるからだ。

    とはいえ、シビローニの作品はそれだけではない。1つには、彼独特のアイコンタクトによるコミュニケーションがある。彼の才能とフォトジャーナリストとして経験がもたらしたものだが、写真に親近感と緊張感という、ある種相反する要素を同時に生み出しているのである。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    本誌 最新号

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    2020年1月21日号  1/15発売

    人気ランキング

    • 1

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 2

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 3

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

    • 4

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 5

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 6

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 7

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 8

      日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

    • 9

      台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

    • 2

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

    • 3

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 4

      イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

    • 5

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 6

      日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

    • 7

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 8

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 9

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 10

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 1

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 2

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 3

      韓国の自動車が危ない?

    • 4

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 5

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

    • 8

      中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常