Newsweek

Q.サカマキ

Instagramフォトグラファーズ

なぜだか惹き込まれる、スマホで撮ったパリの日常

2019年05月08日(水)11時25分
    なぜだか惹き込まれる、スマホで撮ったパリの日常

    From Stéphane Arnaud @frommywindows

    <どんな非日常さえ日常化してしまうパリには欠点もあると、通信社AFPでフォトエディターを務めるステファン・アルノーは言う>

    詩的でどこかほっとさせる写真が、どういうわけか、人を惹き込んでしまうということがしばしば起こる。今回取り上げるInstagramフォトグラファーも、そんな作品を撮り続けている1人だ。

    パリで生まれ育ち、今もパリで暮らす46歳のフランス人、ステファン・アルノー。20年以上、写真コミュニティーの中で生きてきたが、本来は写真家ではない。フォトエディターとして活動し、現在はフランスの通信社AFP(Agence France-Presse)のパリの本部で国際写真部のチーフエディターを務めている。

    作品の多くはパリをはじめとするヨーロッパの街並み、あるいは旅先で出くわした光景を切り取った、一般にストリートフォトグラフィーと呼ばれるものである。基本的に全てスマートフォンで、その多くはHipstamatic(ヒップスタマティック)というアプリを使って撮影しており、リフレクションも多用している。

    他のカメラを使わず、なぜスマートフォン――実質的にはiPhoneであるが――を使うのか、という筆者の問いに、アルノーはこう答える。常に持ち運ぶことができ、カメラがなくてシャッターチャンスを逃さなければならないフラストレーションから離れられるから、と。そうした自由な感覚とスマートフォン特有の目立ちにくさがインスピレーションを加速させ、場所や時間に関係なく、より写真を撮る気にさせるのだという。

    彼にとって写真はテクニックではない。写真は感情の表現であり、その感覚を通して捉える構図、決定的瞬間、そして写真の持つ自発性であるという。アルノーによれば、それらは不完全さを内包するが、そうしたものこそがしばしば写真のソウル(魂)と言われるものなのである。

    プロフィール

    プロフィール

    Q.サカマキ

    写真家/ジャーナリスト。
    1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
    インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
    http://www.qsakamaki.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:残念なリベラルの処方箋

    本誌 最新号

    特集:残念なリベラルの処方箋

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    2019年7月 2日号  6/25発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 6

      うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

    • 7

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 8

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 9

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 10

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 8

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実