Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

トランプ再選を阻むのは誰? 混戦の民主党レースを読む

2019年02月02日(土)15時10分
    トランプ再選を阻むのは誰? 混戦の民主党レースを読む

    昨年11月の中間選挙で敗れてもオロークへの待望論は消えない Chip Somodevilla/GETTY IMAGES

    <2020年米大統領選の民主党レースは本命不在の大混戦――抜け出すのは若きカリスマ政治家か、それとも......>

    ついにこの日がやって来た。私と同い年の友人がアメリカ大統領選への出馬を正式表明したのだ。友人の名はピート・ブーティジェッジ(37)。これまでに2020年大統領選の民主党候補者指名レースに名乗りを上げている中では最年少だ。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

      • 1

        GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

      • 2

        ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

      • 3

        アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

      • 4

        文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

      • 5

        香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

      • 6

        「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

      • 7

        中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

      • 8

        ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

      • 9

        香港の若者が一歩も退かない本当の理由

      • 10

        「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

      • 1

        マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

      • 2

        「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

      • 3

        韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

      • 4

        意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

      • 5

        GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

      • 6

        インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

      • 7

        「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

      • 8

        中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

      • 9

        ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

      • 10

        アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年