Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

「トランプ転がし」の名人、安倍に勧める5つの秘策

2019年05月25日(土)20時40分
    「トランプ転がし」の名人、安倍に勧める5つの秘策

    他者の好意に飢えているトランプに、安倍は望みのものを与えてきた Joshua Roberts-REUTERS

    <気まぐれで予測不能で子供じみた大統領から、最大の成果を引き出すために必要なのは変化への備えだ>

    トランプ米大統領をおだてることにかけては、日本の安倍晋三首相の右に出る者はいない。手放しの称賛を何よりも好むトランプの性格を考えれば、重要なスキルだ。

    安倍の巧みな心理操作の技術は、それだけで日本がトランプの「関税攻撃」の標的になる事態を回避できそうだ。他者の好意に飢えているトランプに、安倍は何の臆面もなく望みのものを提供してきた。

    今年2月には、このアメリカ現代史上最も好戦的な大統領をノーベル平和賞に推薦したと報じられた。エイプリルフールの新聞のジョーク記事かと思うような現実離れした話だが、トランプに生涯最大の栄誉の1つ(の資格)をプレゼントしたのだから、トランプは安倍の好意を絶対に忘れないだろう。

    とはいえ、過去の成功に酔ってはならない。トランプは恐ろしく気まぐれで予測不能で子供じみた人物だ。トランプの機嫌を損ねた瞬間、ゴミ箱行きになったかつての「お気に入り」は枚挙にいとまがない。安倍が今後、対米外交で大きな成功を収めるために、筆者が(多少の冗談と皮肉を交えながら)トランプの扱い方を伝授しよう。

    (1)国内政治

    安倍はトランプに会うたび、もろ手を挙げてアメリカ国内での成功を称賛し続けなければならない。トランプの画期的な政策や実績、特にアメリカ経済の好調ぶりと(保守派の最高裁判事指名など)司法の「改革」に焦点を当てるべきだ。あなたはアメリカの政治風景を自分のイメージどおりに変革する大統領だと強調するのも忘れずに。

    (2)選挙対策

    安倍は20年の大統領選でトランプのライバルになる政治家に繰り返し言及する必要がある。彼らの弱点をあげつらい、トランプがやるように軽蔑的なニックネームを付けるのだ(本人が選挙の遊説で使えそうなものが望ましい)。

    ただし攻撃対象には、大統領選でまず勝ち目のない政治家を選ぶこと。トランプは口が堅い人間ではないので、内輪話が外に漏れれば(かつその政治家が大統領になった場合)将来の対米関係に悪影響が出かねない。

    (3)東京五輪

    華やかな舞台が大好きなトランプにとって、世界最大のスポーツの祭典のホスト役になれないことは残念でならないはずだ。安倍は20年のオリンピック東京大会の準備過程にトランプを巻き込み、何がしかのアドバイスを求めるといい。もし1つでもアイデアが実現すれば、トランプは自分の功績を誇り、東京五輪に貢献したと思い始めるかもしれない。

    (4)対中関係

    安倍と中国の習近平(シー・チーピン)国家主席の関係は改善に向かっている。中国は日本にとって最大の貿易相手国であり、安倍は今後もトランプを称賛し続ける一方で、習との緊密な関係も強化し続ければいい。不安に駆られたトランプは習を出し抜いて安倍に取り入ろうとして、日本に寛大な譲歩をする可能性が高い。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      米中貿易協議は既に破綻しかけている

    • 4

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 5

      北京、動くか 香港デモ

    • 6

      香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

    • 7

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 8

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 9

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 10

      「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

    • 1

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 6

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

    • 7

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 8

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 9

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 10

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 1

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 2

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 3

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 8

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 9

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 10

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年