Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

テレビ討論会で大コケ、それでもブルームバーグが大統領候補になり得る5つの理由

2020年02月25日(火)16時30分
    テレビ討論会で大コケ、それでもブルームバーグが大統領候補になり得る5つの理由

    テレビ討論会では精彩を欠いたブルームバーグだが…… MIKE BLAKEーREUTERS

    <過去最高の視聴率を獲得した民主党テレビ討論会で、ブルームバーグは大コケした。民主党内だけでなく、トランプの格好の標的にも。それでも彼の「脱落」を語るのはまだ早い>

    マイケル・ブルームバーグが離れ業をやってのけた。なんとアメリカを一つにまとめたのだ。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:0歳からの教育 みんなで子育て

    本誌 最新号

    特集:0歳からの教育 みんなで子育て

    赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

    2020年3月31日号  3/24発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

    • 2

      「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は天才?!

    • 3

      デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

    • 4

      「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

    • 5

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 6

      新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      世界恐慌は絶対に来ない

    • 9

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 10

      キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣…

    • 1

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 2

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 3

      韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

    • 4

      囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

    • 5

      新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

    • 6

      新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

    • 7

      イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

    • 8

      10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

    • 9

      ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

    • 10

      中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす

    • 1

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 2

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 3

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 4

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 5

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 6

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 7

      やっぱり日本は終わりだ

    • 8

      ついに日本は終わった

    • 9

      豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

    • 10

      新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間