Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

テレビ討論会で大コケ、それでもブルームバーグが大統領候補になり得る5つの理由

2020年02月25日(火)16時30分
    テレビ討論会で大コケ、それでもブルームバーグが大統領候補になり得る5つの理由

    テレビ討論会では精彩を欠いたブルームバーグだが…… MIKE BLAKEーREUTERS

    <過去最高の視聴率を獲得した民主党テレビ討論会で、ブルームバーグは大コケした。民主党内だけでなく、トランプの格好の標的にも。それでも彼の「脱落」を語るのはまだ早い>

    マイケル・ブルームバーグが離れ業をやってのけた。なんとアメリカを一つにまとめたのだ。

    共和党支持者も民主党支持者も、高齢者も若者も、エリート層知識人も勤労者階級も、2月19日の米大統領選民主党テレビ討論会を見た人は誰もが心を一つにして、億万長者で前ニューヨーク市長のブルームバーグを鼻持ちならない男と感じた。

    過去最高の視聴率を獲得した民主党テレビ討論会で、ブルームバーグは他の候補者たちから集中砲火を浴びて準備不足を露呈し、いら立ちをあらわにした。巨額の私財をつぎ込んだ選挙CMにより、一部の世論調査で民主党の候補者指名争いで2位に躍り出たものの、今回のテレビ討論会は大失敗だったように見える。

    今年の大統領選ではさまざまな予測や分析が示されているが、ブルームバーグが初めて臨んだテレビ討論会で大コケしたという点では、珍しく大半の人の見方が一致している。しかし近年は、アメリカの選挙をめぐる「通説」ほど当てにならないものはない。

    実は、ブルームバーグにとって好材料は少なからずある。第1に、ブルームバーグが大金を投じてテレビやラジオ、インターネットに流した選挙CMを視聴した人は、今回のテレビ討論会を見た人の5倍に上る。選挙に及ぼす影響力は、醜態をさらしたテレビ討論会より、選挙CMのほうが大きいのだ。

    第2に、ブルームバーグが参戦した途端に全米でテレビ討論会への関心が一挙に高まったことは、彼がテレビスターの資質を持つことを示唆している。現在のホワイトハウスの主も、大統領になる前はテレビのリアリティー番組で活躍した人物だ。

    第3に、トランプ大統領はこの日のテレビ討論会以降、ツイッターでもっぱらブルームバーグを攻撃の標的にしている。資産の規模も過去の業績も自分よりはるかに大きく、地元ニューヨークでの人気も高い前市長を強烈に意識しているらしい。トランプは敵の力量を測ることにたけている。彼が大統領選で最大のライバルと位置付けているのは、ブルームバーグだ。

    サンダースも盤石ではない

    第4に、民主党の候補者選びで現在トップを走っているのはバーニー・サンダース上院議員だが、その座は盤石とは言えない。民主党の予備選でこれまで最有力と見なされたジョー・バイデン前副大統領、エリザベス・ウォーレン上院議員、ピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長は、いずれも他の候補者たちから厳しい批判を浴びせられてきた。

    その点、今はブルームバーグに批判が集中しているため、サンダースは比較的傷を負わずに済んでいる。しかし、このままでは終わらないだろう。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

    • 3

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 4

      原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

    • 5

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 6

      脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

    • 7

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 10

      「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 4

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

    • 7

      再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 5

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 6

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 7

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る