Newsweek

サム・ポトリッキオ

Surviving The Trump Era

上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウェーブ」は幻だった訳

2021年01月09日(土)16時00分
    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウェーブ」は幻だった訳

    決選前にジョージア州入りしたイバンカ・トランプ(2020年12月) ELIJAH NOUVELAGE/GETTY IMAGES

    <上下両院とホワイトハウスの3つを支配下に収める小さな奇跡を起こしたが、なぜ民主党は薄氷を踏む勝利しかできなかったのか>

    2020年11月の大統領選前には、リベラルの主流メディアは民主党が上下両院を制する圧勝、つまり「ブルーウェーブ(青い波)」が起きると報じていたのではなかったか。なぜ大統領選当日の夜の時点でトランプ大統領は3つの激戦州を接戦に持ち込み、共和党は下院で過半数目前にまで議席を積み増し、上院では民主党にリードしていたのか。

    ブルーウェーブが幻に終わったのは、世論調査会社と「エリートメディア」による失態のせいなのか?これには、4つの説明が考えられる。

    まず最もよく言われるのが、アメリカはトランプにはノーを突き付けたが、国民の支持は今も共和党と民主党の間で二分しているというものだ。評論家も世論調査の回答者もトランプの不支持率の高さに影響され、民主党の優勢を過信した。共和党が下院選で全ての議席の再選を確実にしたことは一貫性を示す驚くべき功績であり、共和党に対する強固な支持を証明するものだった。

    2つ目に、共和党のほうが精力的に選挙戦を行った。大統領選と上下両院議会選挙という3つでの敗北を予感していた共和党は、選挙戦を死に物狂いで展開した。そもそも新型コロナウイルスの感染に懐疑的な共和党幹部たちは、岩盤支持層のエネルギーを呼び覚まし熱狂させるため、オンラインではなく生の集会を開催した。候補者が有権者とじかに触れ合うことほど票集めに有効なものはない。民主党が画面越しに訴えるなか、共和党が演説台の上で選挙戦を展開したことは、ラストスパートにおける驚異的な後押しとなった。

    3つ目に、全国的な世論調査の総計はジョー・バイデン前副大統領の勝利をほぼ正確に言い当てていたが、特に中西部の激戦州では誤差の範囲以上に予測を外し、その外し方には規則性があった。世論調査は常に民主党に有利に出やすいものだが、トランプが出馬した2回の選挙では共和党が事前の調査を大きく上回る票を獲得している。

    プロフィール

    プロフィール

    サム・ポトリッキオ

    Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

    • 2

      インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

    • 3

      肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

    • 4

      地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

    • 5

      韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

    • 6

      26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

    • 7

      入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

    • 8

      医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

    • 9

      恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

    • 10

      日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

    • 1

      台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 6

      肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

    • 7

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 8

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

    • 9

      地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

    • 10

      北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

    • 6

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 7

      バブルは弾けた

    • 8

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 9

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 10

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び