Newsweek

風刺画で読み解く「超大国」の現実

Superpower Satire

トランプがもくろむ「最高『独裁』判所」(パックン)

2018年07月11日(水)17時45分
    トランプがもくろむ「最高『独裁』判所」(パックン)

    「トランプの下での平等な正義」という文言にご満悦の様子 (c)2018 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

    <最高裁判事の人事で保守派を優勢にして、権力を集中させるのは独裁者のやり方>

    アメリカ人はサッカー代表のメンバーは知らないのに、連邦最高裁判事の名前はほとんど言える。注目度の高さには理由がある。まず、最高裁は法の解釈で国民の生活に直接的な影響を与える。人種差別の禁止、人工妊娠中絶や同性婚の合法化、ジョージ・W・ブッシュ大統領の誕生などなど、歴史的な転換の多くは最高裁の判決によるものだ。

    プロフィール

    プロフィール

    風刺画で読み解く「超大国」の現実

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ここまで来たAI医療

    本誌 最新号

    特集:ここまで来たAI医療

    病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

    2018年11月20日号  11/13発売

    人気ランキング

    • 1

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 2

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 3

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

    • 4

      人肉食が予防した不治の病

    • 5

      ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

    • 8

      安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

    • 1

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 2

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

    • 3

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 4

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      人肉食が予防した不治の病

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

    • 10

      BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

    • 1

      ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      安倍首相はよく耐えた!

    • 6

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 7

      全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

    • 8

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

    • 9

      人肉食が予防した不治の病

    • 10

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい