Newsweek

風刺画で読み解く「超大国」の現実

Superpower Satire

中国の大学ではびこる密告制度

2018年09月12日(水)15時40分
    中国の大学ではびこる密告制度

    中国ではそのうち、小学生の間での密告が始まるかもしれない (c)2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <最近、大学教員が学生の密告で除名・処罰される事件が続き、キャンパス内での密告の流行をみんな怖がっている>

    今年の夏休み期間中、「密告をしないことは守るべき人生の最低線だ」という文章が中国のSNS上で話題になった。名門・中国人民大学の呉暁求(ウー・シアオチウ)副学長が今年夏の卒業式で卒業生に語った言葉で、多くの人々の共感を得て大量にシェアされている。近頃、大学教員が学生の密告で大学側から除名・処罰される事件が続き、キャンパス内での密告文化の流行をみんな怖がっているのだ。

    北京建築大学の教員は、授業中ずっと携帯をいじっている学生たちの態度に怒り、日本人学生の勤勉さを例に挙げて、「あなたたちも頑張らないと日本に負けて劣等民族になるよ!」と叱ったのが「人種差別」「日本にこびを売る売国言論」として学生に匿名告発され、処罰された。また湖北省にある中南財経政法大学の准教授は授業中、中国政府の憲法改正を批判したところ、学生の密告で停職処分になり党からも追放された。

    現在東京に滞在中の北京師範大学の元准教授である史傑鵬(シー・チエポン)も、愛国教育を批判したネット発言が「政治規律に違反した」と密告され大学から解任された。

    大学での監視は今に始まったことではない。08年、湖北大学のあるクラスでは学生たちが毎月くじ引きによってそれぞれ自分を監視する「天使」役を決め、行動内容を報告し合っていた。担任はこのやり方で効果的にクラスの規律を強化しようと考えたが、ナチスドイツの秘密警察ゲシュタポのようなやり方が社会の批判を浴びた。

    そもそもこれはナチスの専売特許でもない。文化大革命の時期、中国では友達同士や同僚の間、そして家族同士に至るまで互いの監視と密告がかなり盛んだった。文革の失敗を反省した80 年代には一時的に停止したが、89 年の天安門事件以降、大学では「学生情報員制度」という名で密告制度が再開され、ネット世論が盛んになった近年、ますます強化されている。

    密告制度は中国の有識者から反発を買っている。有名な経済学者でもある呉副学長が危険を承知の上、卒業式という公的な場所で学生たちに呼び掛けたのは、文革で学問の道を諦めかけた彼自身の体験と無縁ではないだろう。中国ではそのうち、小学生の間でも密告が始まるかもしれない。

    【ポイント】
    举报坏事、揭发坏人、学雷锋、见义勇为

    それぞれ「悪事を通報せよ」「悪人を暴露せよ」「雷鋒(文化大革命でたたえられた模範)に学べ」「正義のため勇敢に行動せよ」

    赤いネッカチーフと腕章
    少年の赤いネッカチーフと腕章は将来の共産党員予備軍である中国少年先鋒隊のシンボル。腕章の2本線は中隊長の意味

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
    ウイークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    プロフィール

    プロフィール

    風刺画で読み解く「超大国」の現実

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    ※次号は2/26(水)発売となります。

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 2

      国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

    • 3

      new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

    • 4

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 5

      新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

    • 6

      「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

    • 7

      クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 4

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

    • 5

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 6

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 7

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 8

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

    • 9

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 7

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 8

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 9

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    • 10

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常