Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

日本の警察から「DV」を学んだ中国人

2018年12月26日(水)18時00分
    日本の警察から「DV」を学んだ中国人

    No Country for Women (c)2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <多くの伝統文化を失った中国だが、なぜか1000年前から続く「家庭内のいざこざは外に漏らすな」という古臭い考えはいまも残っている>

    「交際相手に暴力を振るうと、本当に逮捕されて法的責任を追及されるんだ!」。11月、中国の俳優・蒋勁夫(ジアン・ジンフー)が交際相手の日本人女性に対するドメスティックバイオレンス(DV)で日本警察に逮捕されたニュースが流れたとき、中国人は啞然とした。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <唐辛子、タン・シンツ>
    作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:英国の悪夢

    本誌 最新号

    特集:英国の悪夢

    EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

    2019年4月 2日号  3/26発売

    人気ランキング

    • 1

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 2

      銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

    • 3

      ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

    • 4

      銃乱射生存者2人と犠牲者の父親が相次いで自殺

    • 5

      『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

    • 6

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 7

      日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

    • 8

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 9

      「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明ら…

    • 10

      半数以上の宇宙飛行士から再活発化したヘルペスウイ…

    • 1

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

    • 4

      アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      日本の重要性を見失った韓国

    • 7

      「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

    • 10

      KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 3

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 4

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 5

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 6

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 9

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 10

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい