Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

中国ではSF大作の成功も共産党のお陰

2019年03月01日(金)18時50分
    中国ではSF大作の成功も共産党のお陰

    "Wandering" Chinese Movies / (c) 2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <「党国一体化」の中国において、全ての成功は党の指導の成功となる>

    今年の旧正月は80後(80年代生まれ)映画監督・郭帆(グオ・ファン)にとって一生忘れられないだろう。彼が監督したSF映画『流浪地球(さまよう地球)』は、興行成績が40億元(660 億円)を突破。その人気ぶりから、56億元(924億円)で現在トップの愛国映画『戦狼2』を超え、中国史上最高になる可能性がある。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <唐辛子、タン・シンツ>
    作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:5Gの世界

    本誌 最新号

    特集:5Gの世界

    超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

    2019年3月26日号  3/19発売

    人気ランキング

    • 1

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 2

      「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

    • 3

      アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

    • 4

      「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

    • 7

      すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

    • 8

      全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

    • 9

      いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

    • 4

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

    • 7

      日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

    • 10

      「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 3

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 4

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 5

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 6

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 9

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 10

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい