Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

香港デモと中国政府の「本音」 反中ユーザーSNSへの攻撃は止められていた

2019年08月06日(火)18時15分
    香港デモと中国政府の「本音」 反中ユーザーSNSへの攻撃は止められていた

    (c)2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <逃亡犯条例改正に断固として反対する香港の抗議をめぐって、香港の著名人と中国政府には共通する態度が見られる>

    6月以降、逃亡犯条例改正案に反対するためのデモが香港で繰り返されている。改正案がもし成立したら、香港で身柄を拘束された容疑者は中国本土への移送が可能となる。言論の自由も崩壊し、一国二制度を前提とした香港司法の独立も終わりとなる......と香港人は「香港の中国化」をとても怖がった。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <唐辛子、タン・シンツ>
    作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 2

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 3

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの1人に

    • 4

      白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

    • 5

      筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

    • 6

      フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

    • 7

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

    • 10

      犬でも猫でもげっ歯類でもOK ペットのフリーズドラ…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 5

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 8

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 9

      サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

    • 10

      5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 9

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ