Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

ファーウェイだけは「中国分裂罪」も大目に見られる

2019年08月31日(土)14時20分
    ファーウェイだけは「中国分裂罪」も大目に見られる

    Money Changes Everything / (C)2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <この夏、香港やマカオを国のように扱って「中国分裂」を図ったとして、外資企業が次々につるし上げられて謝罪に追い込まれた>

    今年の夏は中国に進出する外資企業にとって「謝罪の夏」だ。

    香港のデモについて、中国官製メディアが香港独立派を「港独勢力」と定義して以来、少しでも不謹慎な言動があればすぐ「港独支持罪」「中国分裂罪」だと認定されている。

    真っ先に「中国分裂罪」とされたのはイタリアのヴェルサーチだ。証拠は一枚のTシャツ。「Beijing-CHINA」というように、都市名と国名を並べて表記したTシャツで香港とマカオが「Hong Kong-HONG KONG」「Macau-MACAO」と表記された。これは香港やマカオを国のように扱い、その独立を支持し、「一つの中国」を破壊する意図ではないかと、中国のSNS上で若い愛国者「小粉紅」たちが製品ボイコットを呼び掛けた。

    愛国の波には誰も逆らえない。ヴェルサーチは慌ててネット上で公開謝罪し、Tシャツを販売中止して廃棄した。続いてコーチ、ジバンシィ、アシックスも次々と中国分裂罪を告発された。外資ブランドの公開謝罪ショーは中国SNS上からフェイスブックやツイッターに広がった。小粉紅たちが「壁越え」して、きちんと海外でも謝罪文を出したかチェックするからだ。

    ただし、ここで問題が起きる。小粉紅らが自慢する民族企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の中国分裂罪が発覚したのだ。ファーウェイのスマホのタイムゾーン表示は大陸で使われる簡体字を選んだ場合「台北(中国)」だが、繁体字だと「台北(台湾)」と表示される。明らかに台湾を独立国と見なしているではないか、と小粉紅らは啞然とした。

    「『含趙量』が高いファーウェイを小粉紅らはどうやってボイコットするか楽しみだね」と、自由派のほうが思わず失笑した。含趙量とは、どれだけ共産党の特権を持つかを示すスラングだ。

    含趙量が高いファーウェイは公開謝罪もせず、ソフトの修正だけで済ませた。この愛国企業が中国分裂罪を犯した理由は、国際標準化機構(ISO)の国名コードを使ったからとされている。

    しかし国名コードの表記は「中国台湾省」。なぜわざわざ「台湾」と表記したのか。CEOの任正非(レン・チョンフェイ)が実は台湾独立支持派......ではなく、単に中国嫌いの多い台湾でスマホをたくさん売りたかったからだろう。

    【ポイント】
    含趙量

    「趙」の出所は文豪・魯迅の小説『阿Q正伝』。みすぼらしく能力もない阿Qに対して威張りちらす上流階級の趙家の当主を、特権階級化した共産党の官僚やその周囲の金持ち、その子女たちになぞらえた「趙家人」という言葉から生まれた。中国を暗に指す「趙国」、人民解放軍を意味する「趙家軍」というスラングもある。

    <本誌2019年9月3日号掲載>

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
    ウイークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <トウガラシ>
    中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

    • 3

      米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

    • 4

      トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

    • 5

      全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

    • 6

      『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

    • 7

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 8

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 9

      欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

    • 10

      韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 3

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

    • 4

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 5

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 6

      次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

    • 7

      新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

    • 8

      「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

    • 9

      抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

    • 10

      三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

    • 6

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 7

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る