Newsweek

風刺画で読み解く中国の現実

Superpower Satire (CHINA)

アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

2019年09月14日(土)15時00分
    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    China’s Gung-Ho Spirit ? / (c)2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

    <労働組合をつくろうとするアメリカ人従業員の動きを阻止――「アメリカよりももっと資本主義」な中国人>

    問:資本主義社会で資本家はどうやって労働者を搾取する?

    答:主に2つの手段で搾取する。1つは労働者を長時間働かせる。もう1つは生産方法の改善で労働時間を短縮し、その結果生じた余った時間にさらに働かせて搾取する。資本家は労働者に「もっと働きもっと利潤をよこせ」と要求する。

    プロフィール

    プロフィール

    ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

    <辣椒(ラージャオ、王立銘)>
    風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

    <唐辛子、タン・シンツ>
    作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

    • 2

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 3

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

    • 4

      自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

    • 5

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 6

      NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

    • 7

      米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

    • 8

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 9

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 10

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

    • 6

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 7

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 8

      『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

    • 9

      勉強熱心な韓国市民の愛読書はニッポン本

    • 10

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調