Newsweek

パックンの風刺画コラム

Superpower Satire (USA)

バージニアの止まらない顔面「黒塗り」スキャンダル(パックン)

2019年02月21日(木)17時00分
    バージニアの止まらない顔面「黒塗り」スキャンダル(パックン)

    Virginia Blackface Scandal / (c)2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

    <バージニア州で知事らトップに相次いで発覚した黒人差別的な顔面「黒塗り」行為の過去>

    プロフィール

    プロフィール

    ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

    <パックン(パトリック・ハーラン)>
    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    パックン所属事務所公式サイト

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の出口

    本誌 最新号

    特集:香港の出口

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    2019年8月27日号  8/20発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

    • 2

      日本の重要性を見失った韓国

    • 3

      日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

    • 4

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 5

      韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

    • 6

      日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

    • 7

      乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

    • 8

      「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

    • 9

      香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      世界が知る「香港」は終わった

    • 9

      日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

    • 10

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      日本の重要性を見失った韓国

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 6

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 7

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 8

      デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

    • 9

      「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる