Newsweek

パックンの風刺画コラム

Superpower Satire (USA)

守られるべき少数派は黒人ではなく白人? 共和党の最大の武器「フィリバスター」とは(パックン)

2021年04月14日(水)17時31分
    ミッチ・マコネル米上院院内総務(風刺画)

    ©2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

    <議事妨害「フィリバスター」という制度をうまく利用してきた共和党は、民主党が進める制度の全面廃止に全力で抵抗>

    米連邦議会上院で見られる議事妨害「フィリバスター」。語源はオランダ語で「海賊」を意味する言葉だが、まさに海賊のように、これを使う人は国家という船を乗っ取ることができる。

    プロフィール

    プロフィール

    ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

    <パックン(パトリック・ハーラン)>
    1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

    パックン所属事務所公式サイト

    <このコラムの過去の記事一覧はこちら>

    本誌紹介

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    本誌 最新号

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

    2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

    人気ランキング

    • 1

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 2

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 3

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

    • 4

      死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

    • 5

      メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

    • 6

      アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

    • 7

      コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

    • 8

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 9

      ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

    • 10

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 1

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

    • 2

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 3

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 6

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

    • 7

      「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

    • 8

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 9

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 10

      ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

    • 4

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 5

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 6

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 7

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 8

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コザに漂う、記憶のかけら