Newsweek

経営

グローバルなTV会議を成功させる6つの方法

所在地もバラバラの多国籍社員を集めた「グローバルチーム」をうまく機能させるには「信頼」が必要だ

2016年1月8日(金)20時05分
リズ・メロン ※編集・企画:情報工場

    時代のニーズ 今では巨大なグローバル企業ならずとも、海外に支社や現地法人を置き、国境と時差を越えたやり取りをしながらビジネスを行っている会社は多いはずだ Askold Romanov- iStockphoto.com

     文化や科学技術が進歩しても、人間の基本は変わらない。自分と似ている人と一緒にいたほうが楽しい。だから、自ずと世界観を共有する気の合う者どうしが群れることになる。また、実際に会ってみなければ相手を信頼できるかどうかを判断できないと、多くの人が考えている。

     これは、国籍の異なるメンバーからなる「グローバルチーム」の運営にとってきわめて大きな障害になる。なぜなら、チームワークの重要な基盤の1つは「信頼」にほかならないからだ。

     多様性はイノベーションを生み出し、集団的知性を高めるのに役立つ。ただし、私たちが多様性を尊重し、その恩恵を享受できるようになるまでには時間がかかる。自分と似ていない人々との協働に慣れるまでに、対面でのコミュニケーションがある程度必要なのだ。ところが、グローバルチームではメンバーが世界中に散らばっているため、それができない。テレビ会議システムの技術がいかに進歩しても、メンバー同士が互いの目を見て信頼できる相手かどうかを確かめることは不可能だ。

     では、どうすればいいのか。以下は、グローバルチームを機能させるためのアドバイスだ。

    (1)チームをスリムにしておく

     グローバルチームは、放っておくとどんどん人数が増えていく。たとえば、テレビ会議によるチームミーティングで、遠隔地のメンバーから何かを依頼されたとする。でもその趣旨がどうも飲み込めない。そこで、"こちら側"にいる誰かに相談してみる。そして、次のミーティングには、その相談した相手にも参加してもらう。その場でサポートしてもらえるので安心だからだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    本誌 最新号

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

    2019年5月28日号  5/21発売

    人気ランキング

    • 1

      日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

    • 2

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

    • 3

      日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

    • 4

      パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

    • 5

      利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

    • 6

      トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

    • 7

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 8

      京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

    • 9

      ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

    • 10

      金正恩「安倍は軍国主義」、日本の会談呼びかけにカ…

    • 1

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 4

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 5

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 6

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 7

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 8

      元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

    • 9

      トランプの言うことは正しい

    • 10

      日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 5

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

    • 10

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える