Newsweek

貿易戦争

トランプと習近平、貿易戦争を止める気配無し 次なる切り札は?

2019年6月12日(水)14時34分

    米中貿易戦争の激化は、両国が相手から譲歩を引き出そうと圧力を強め合うなか、関税措置の応酬を越えた領域に突入している。写真は米中のし紙幣と国旗。5月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

    米中貿易戦争の激化は、両国が相手から譲歩を引き出そうと圧力を強め合うなか、関税措置の応酬を越えた領域に突入している。

    トランプ米大統領が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)との取引を原則禁じる制裁措置を打ち出し、米国がほぼ全ての中国製品に関税措置を拡大したことを受け、中国政府は報復措置を講じると宣言している。

    中国国営メディアは、貿易戦争の次の一手として、レアアース(希土類)の輸出規制を使う可能性があると警告。米国は、人工衛星から電気自動車のバッテリーまで、多くのハイテク製品に必要なレアアースの供給を中国に頼っている。

    米中双方が今後取り得る手段を検証した。

    中国が取り得る措置

    ●関税の引き上げ

    中国は、現在も報復関税を課していない100億ドル(1兆800億円)相当の米製品に、関税を課すことができる。

    中国政府は昨年12月に米国車に対する関税の一部を撤回しているが、それを再度課税することもできる。

    中国はまた、大豆などの一部米製品の関税率を25%からさらに引き上げることができる。貿易戦争が激化するまで、中国は米国産大豆の最大の輸入国だったが、これを機に輸入はほとんど止まってしまった。

    再度関税率が引き上げられれば、中国の大豆輸入業者は2018年と同様、ブラジルなどからの調達を増やすことになり、米国の農家に打撃となるだろう。これは、2016年の米大統領選でトランプ氏勝利に貢献した農業層を狙った関税といえる。

    半導体やその製造装置など、ハイテク製品に対する関税が引き上げられる可能性は低い。代替の供給国を探すのは中国にとって難しいからだ。

    中国はこれまでのところ、米国からの輸入品として最も高価な航空機大手ボーイングの旅客機は関税対象にしていない。中国の航空会社は、増大する需要に応えようと拡大を急いでおり、ボーイング機に関税を課せば、国内旅客業の発展を遅らせる可能性がある。

    中国が、ボーイングの代わりに欧州のエアバスから調達を増やす可能性はある。客室内の通路が1本の国産狭胴型ジェット旅客機「C919」が完成するまでの間、欧州への依存が数年に渡って高まることになる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    本誌 最新号

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    2020年1月21日号  1/15発売

    人気ランキング

    • 1

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 2

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 3

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

    • 4

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 5

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 6

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 7

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 8

      日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

    • 9

      台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

    • 2

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

    • 3

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 4

      イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

    • 5

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 6

      日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

    • 7

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 8

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 9

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 10

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 1

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 2

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 3

      韓国の自動車が危ない?

    • 4

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 5

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

    • 8

      中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常